<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

都立大学発☆石鍋料理

渋谷に出たついでに足を伸ばして・・・
都立大学へ。

タダシヤナギ、D’eux Patisserie-Cafe( ドゥー・パティスリー・カフェ)・・・
ケーキ屋さん2軒ハシゴし、
せっかく来たのだからと焼き菓子数種を購入。

そして、夕食は石鍋料理のcosi cosiにて。

石鍋ご飯といったら・・・やっぱり食べたいのが「おこげ」!
でも火力が強すぎたのか(?)ご飯の底は真っ黒こげ~(><)
理想の「おこげ」にありつくことはできず・・・(トホホ)

トマト風味のシーフードリゾット、水餃子のトムヤムクン風味のスープが特に美味しかった。
なんと、デザートまで石鍋☆
まさに石鍋フルコースでした(笑)。
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-17 22:09 | 和食 その他

世界の民族衣装@渋谷パルコ

a0029534_2119275.jpg

たまたま!なのですが・・・
“民族衣装”つながり。

渋谷のパルコパート1地下ロゴスギャラリーにて、
仕掛け絵本「世界の民族衣装」発表記念展を見てきました。

かわいいーっっっ☆☆☆

ポストカードとか販売していたら欲しかったけれど…
ギャラリーに置かれていた宣伝用のポストカードをもらってガマン。

絵本には24カ国の民族衣装が描かれてるんですって♪
チラ見してきました。(見本)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-16 21:18 | 海外の旅&文化

中東カフェ ~服を選ぶ、アイデンティティを選ぶ~

第11回中東カフェ 

【日時】2007年12月16日(日)13:30~(開場13:00)
【場所】UPLINK(渋谷)
【出演】道明三保子(文化女子大学教授)
田中好子(パレスチナ子どものキャンペーン事務局長)
酒井啓子(東京外国語大学教授)

~中東の女性の日常着や民族衣装から
彼女たちの生活やアイデンティティを再発見~


外国の人が私たち日本人の着物に興味を持つのと同じように、
私も世界の民族衣装というものに興味を持っている。
今回紹介していただいた中東(主にパレスチナ)の民族衣装については
細かい刺繍が施され、VIVIDな色合い、それはそれは非常に美しいものだった。
実際、スライドで見せていただいた衣装は・・・
1950年以前の結婚式用(その後も晴れ着として着用)のものだとか。
伝統的な民族衣装は廃れてきているというのが非常に残念。
すばらしいものは永遠に残していって欲しい。受け継いでいって欲しい。

民族や各村によって刺繍が異なる。
=自分の所属を表す。

イスラムの国でも、女性の服装の規制が厳しい国もあれば緩い国もある。
イランは観光客でもスカーフをかぶることが必需。
当然肌の露出もNG。
一方で、レバノンのある地域では、
きっちり頭をスカーフで覆い、イスラム女性とわかる格好の人、
肌を露出し、スカーフもせず、自由な格好をしている人もいる。
そこから分かること・・・
周りの人からの見られ方(スカーフをしていれば真面目)、
個人の信条、アイデンティティが反映されるということ。

非常に興味深いテーマだった。

中東カフェについて
中東イベント情報BLOG
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-16 20:39 | 海外の旅&文化

麻布十番発☆1000円でパスタランチ

前々(たぶん数年前)から「機会があったら・・・」とチェックは入れていたものの
ようやく訪れることになったイタリア料理のレストラン。

la Brianza (ラ・ブリアンツァ)

パスタランチ1000円をいただく。
なんと自家製パンとデザート、飲みものが付いてこの値段!
麻布十番で、、、あり得ません!!
パスタやデザートも数種類から選べるのが嬉しい♪

友達とシェアして食べたのは・・・

a0029534_201760.jpg

パスタ】                      【デザート
ナポリ風ボンゴレスパゲティ           マスカルボーネチーズたっぷりのティラミス
南イタリア風地鶏のレバーのスパゲティ    有機南瓜のプリン
北海道産子羊ラグーのスパゲティ

続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-15 19:48 | イタリア料理

おしゃれなカップケーキ

初、東京駅グランスタ(エキナカ)訪問。
お目当ては…
カップケーキ専門店「フェアリーケーキ」。
a0029534_15484213.jpg

<フェアリーケーキとは?>
イギリスの家庭で受け継がれてきた伝統的なお菓子、カップケーキのこと。それを菓子研究家・いがらしろみさんが現代風にアレンジ。クリームやアイシングでかわいくデコレーションされた、手のひらサイズのカップケーキはまさに「妖精(フェアリー)のケーキ」。

メニューは全19種類。イギリス伝統のカップケーキ「FAIRY CAKE」、昔懐かしい味、蒸しパンを現代風にアレンジした「TOKYO LINE」、生地のおいしさを味わいたいベイクドケー「BAKED LINE」の大きく3タイプに分かれる。

a0029534_10125193.jpg

実物はちっちゃい…
それでいて1個280円~450円となると、少々割高に感じる(・ ・;

・ラズベリー (定番)
・プレミアムバニラ
・シャンピニオン

意外にも、シャンピニオン(キノコ)が美味しかった!
スイーツというよりはお惣菜系。
まぁ、どんなものかと一度味わえたので満足です。

2007年はカップケーキブーム到来か?
と予期していたものの、「クリスピードーナツ」には及ばなかったよう…。しかし、これまでに無かったスタイルのオシャレでCUTEなカップケーキが広まりつつあることは事実☆
また他のお店で試して見たいです♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-12 22:11 | CAFE

表現講座 ~日本の伝統色で日本料理を語る~

【内容】
古くからある日本の伝統色を用いて、日本料理について今までよりも深みのある表現力を身につけていただく講座です。
1色でも微妙な違いでたくさんの呼び方があります。
まずは色彩について知るきっかけとしてご参加ください。


フードアナリスト会員向けの講座。
昔の人々は、身近な自然を見つめては、○○色と繊細な表現をしていたらしい。
色の多様な表現を知っていると、「食」についてコメントするときにも重宝しそう。
色彩検定にも興味があったし、なかなか面白かった。
コレを使って実践してみます☆

Blogランキングへ
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-10 18:35 | ホットな話題

イエローカーペット

a0029534_21391876.jpg
うちのそば。
金色色で埋め尽くされた歩道。
風が吹いて、一気に葉が落ちてしまったのだろうか...
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-09 23:36 | ホットな話題

スウェーデン大使館でクリスマスイベント

a0029534_2141940.jpg
最寄駅は六本木一丁目駅。 
すぐ近くには、アメリカ大使館やスペイン大使館も。
港区は最も大使館の多い地域です。
a0029534_2143458.jpg
デザインの国、スウェーデンならでは!?
外観はユニークな造り。
a0029534_2145976.jpg
めちゃめちゃCUTEでLOVELYな子どもたち。
3ヶ国語(スウェーデン語(?)、英語、日本語)による合唱~♪きよしこの夜

【スウェーデンのクリスマス】
・ スウェーデン雑貨屋さんのページ
・ 大使館イベント情報
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-09 22:23 | 海外の旅&文化

穴場の庭園レストラン in 虎ノ門

スウェーデン大使館の近くで、ランチ。
レストランの名は、「ヴォワ・ラクテ
このステキなお店を知ることができたのは、All Aboutのメルマガ記事☆

ホテルオークラ近く、「菊池寛実記念 智美術館」の敷地内にある。
美術館に併設というよりは、
サービス・料理ともに良質だし、レストラン単体で成り立っている感じ。
けれど、まちがいなく知る人ぞ知る穴場レストラン。
a0029534_20385951.jpg
やはりこのお店の魅力は、ガラス張りの店内から庭園を見渡せること☆
ちょうど今は紅葉が♪
夜は薄暗いライトが灯され、天井には無数の星が輝くとか!
幻想的☆
昼間とはまた雰囲気が変わって良さそうです!!
a0029534_2039516.jpg
休日のランチは¥1890~。
私は本日のお魚料理(¥2310)を注文。
スープ、パン、コーヒーor紅茶つき。
想像を超えた、美しい盛りつけ☆

休日ランチにぜひどうぞ♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-09 20:14 | フランス料理

笑えて涙するアイスホッケー映画

スマイル 聖夜の奇跡
東宝の試写室で鑑賞してきました。
一般人は普通に入れないと思うので、ちょっとVIP気分(笑)。
シートの座り心地や音響も最高です☆
試写会というと、平日夜が比較的多いのですが・・・
今回は土曜日の夕方に開催。

陣内孝則監督作品。
彼の監督映画は2度目。前作の『ロッカーズ』が面白かったので、
『スマイル』もそこそこ期待はあったものの・・・
映画をチェックしていた最大の理由は、玉木宏のゲスト出演(^m^#)

涙度数  ★★★★★
笑度数  ★★★★☆

いたるところにユーモアが散りばめられていたり、
涙を漏らしてしまったシーンも3~4場面あり。

アイスホッケーチームの子どもたちがメインで、
ファンタジーっぽさを感じるタイトル・・・
子供向け?ファミリー向け?青春映画?
客層もいまいちつかみずらくて、試写会がなかったら見ようとは思わなかったかも
しれませんが・・・
すがすがしい、想像以上の傑作でした!

騙されたと思って、見てみてください(笑)。
アイスホッケーのスピード感、森山未來のタップダンス、音楽…見所多数。

【ストーリー】
タップダンサーになる夢をあきらめ、恋人の静華を追って北海道に来た修平は、彼女の父から少年アイスホッケーチームの監督を命じられた。静香との結婚のためにチームの初勝利を目指す彼は、少年たちと猛特訓に励む。
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-09 08:21 | 映画