<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「オステリア ヴィンチェロ」 新宿御苑前

グルメサークルのお食事会。
参加メンバーは主催者のコウさん、ケイさん、ヒナさん、私。
新宿・厚生年金会館裏にひっそり佇むイタリア料理店「オステリア ヴィンチェロ」。
ウンブリア州で修行をしたオーナーシェフは、自社輸入するほど大のワイン好きらしい。

プリフィックスで前菜、パスタ、メインそれぞれ約10種類のメニューからチョイスしていく。
自分の注文したもの以外も気になるところ。
4人でローテーション(試食)しながら、4通り×3の料理を味わっちゃいました~(^ー^ゞ

a0029534_13485381.jpg【前菜】 ムシャーメ・ディ・トンノと
                 ルーコラのサラダ

マグロ(トンノ)の生ハム。
本当に生ハムみたいで魚っぽくない。
塩分がきいていて、バケット一切れ完食。
ルッコラの下には甘いフルーツトマト、松の実のトッピング。

他メニューは、
カジキのマリネ、カヴァッロ(馬肉)、
鴨フォアグラのテリーヌなど・・・


a0029534_13512062.jpg

【パスタ】 アンチョビと玉葱のスパゲッティー
← 皆のあいだで人気だったみたい(^^)
レーズン、松の実入り。

他メニューは、
カラスミのパスタ、トマトソース系など・・・
わりとオーソドックスなかんじ。
試食した色々なお肉が入ったキタッラ(断面の四角いロングパスタ)もGOODでした☆
※chitarra(キタッラ=ギター)という弦を張った道具で作られるのが名前の由来。

a0029534_13594278.jpg
【メイン】 チュラ豚のポルケッタ風
あとで調べたら「ポルケッタ」とは子豚の丸焼き。
その通りボリューム(厚み)がスゴイっっ!
お肉の内部にはハーブが詰められている。
外側の脂身も分厚く、さすがにNG・・・(><)

他メニューは、
仔羊、ウサギのトスカーナ煮込み、鴨肉とフォアグラ・・・。
イタリアンといえど、ビストロ風の、男性的な料理。

a0029534_144228.jpg

最後はエスプレッソでシメ。
←(≧▽≦)LOVELY!
4人バラバラの絵柄なの~☆

おなかいっぱいで、デザートは無理(++)
パスタ、メインをもう少し軽くしてもらって、
せっかくだからデザートまで味わってみたいなぁ~と
思っちゃったりもするんですけどね(笑)。

でも、ディナーコースが3980円~というのはリーズナブルだと思う。
アルコールは食前酒、香りのいいトスカーナワインをボトルで、
その後軽めのボディで肉料理と相性のよいものをグラスでいただきました。
ワインリストは特に無くて、お店の方が勧めに来てくれます。(このあたりが賛否両論)

というわけで、どんどん飲んでしまうとお代が跳ね上がってしまいます~w(゜o゜)w
そのぶん料理を安くしてるのでしょうか??
この日はジェントルマン会計で、ありがたく(アルコール分は)ごちそうになりましたが(^-^)
なにより会話も弾んで楽しい時間を過ごせました☆

「こうさんの日常あるいはグルメな日々」 こうさんのブログ
「パスタ広辞苑」 パスタのお勉強

blogランキングへ
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-30 12:29 | イタリア料理

『京と都』

京都大学と東京大学、
町家カフェとスターバックス、
綿矢りさと金原ひとみ、
俵屋とコンラッド、
電車と電鉄、
「おいでやす」と「いらっしゃいませ」、
八ツ橋とごまたまご、
「はる」と「らっしゃる」、
冷泉家とヒルズ族・・・  (見出し、一部紹介)

『負け犬の遠吠え』で「負け犬」という流行語をつくった酒井順子のエッセイ。
京都と東京 の文化比較。歴史比較。人間比較。
アプローチのしかたがユニーク。酒井順子さんらしい。
私も著者と同じく関東で生まれ育ち、京都が好きで憧れる者。
同じ目線(視線)で、共感しながら読ませていただいた。
とにかく・・・・・・おもしろい!!

『京と都』 酒井順子著 新潮社(2006/09出版)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-29 13:35 |  *京都

日本一のチーズケーキを求めて

a0029534_138555.jpg
日本人は世界一チーズケーキ好きな国民なのでは?
そう思えるくらい日本には多種多様なチーズケーキがありますよね。
本「チーズケーキの旅」
私はベイクドタイプが昔から好きだった。
子どもの頃の定番は、シロップがテカテカ塗られてて、生地がじゅわ~っとしてるの。
「じゅわ~っ」というのはスフレタイプに近いのかなぁ・・・?

そのスフレタイプ(半生タイプともいう)でとても美味しかったのが、
神戸フランツの『半熟チーズケーキ』です。
レンジで温めるとさらに美味。新感覚のあつあつチーズケーキ☆

そのほか・・・スティックタイプも好き~(^^)
ニューヨークチーズケーキ系?こちらは濃厚でしっかりしたタイプ。
なんてったって、手を汚さないでそのまま食べられるのが嬉しいです。ナイスアイデア☆

そして、このたびお取り寄せしたのが、大阪「デリチュース」のチーズケーキ。
その名も『デリチュース』
情報を風のウワサで聞いたり、本で紹介されたりしていて、

「絶対食べなきゃ!!」

確信した。
これこそ、私が探し求めていた日本一、いや世界一のチーズケーキなんじゃないかと。
今までに出会ったことのない、超・超・超美味なチーズケーキなのです!
そのワケは、、、使用しているチーズから普通じゃない。

続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-27 12:19 | スイーツ

銀座でポルトガル料理 「ヴィラモウラ」

昨年、銀座にオープンして早々チェックしていたお店、「ヴィラモウラ」。
チーズアカデミーの旧友を誘って行ってきました♪
全員(4名)そこそこ飲める口なので、たらふく飲んだ!食べた!

a0029534_12241598.jpg■タラとジャガイモのコロッケ ⇒写真
ポルトガル料理の定番的メニュー。
クリーミーでやわらか。

■小魚と野菜の南蛮漬け エスカベッシュ

■コリアンダーとパルミジャーノチーズのサラダ

■チーズ盛り合わせ (3種)

a0029534_12251973.jpg


■イワシのガーリックオイル焼き レモン添え
これは時価だそうです。(本日1ヶ¥680)
お店の人の説明よりも若干大きかった。
シンプルにおいしいです☆

a0029534_122999.jpg

■魚介のカタプラーナ
ワタリガニ、アサリ、ヤリイカ、エビ、タコ・・・
海の幸いっぱい。
トマトベースのスープ+魚介のダシが
最高にマッチング!
残ったスープでリゾットを作ってもらいます。
なんてったって、このリゾット(雑炊)こそ
鍋の醍醐味♪


a0029534_1256269.jpg

■ポンテケージョ(チーズパン)

満場一致でまいう~!!
ちまたのパン屋さんでもお馴染み、通称「もちもちパン」。
その名の通り、もっちもちの食感が特徴。
けれど、ここのはホント美味しい。熱々ほやほやがいいみたい。(*^^*)


ここで、疑問が。何故「もちもち」の食感になるの???

続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 23:30 | 世界各国のグルメ

ポートワインに目覚める!

a0029534_1521344.jpg
「ヴィラモウラ」その2。
ポルトガルのワインはすごく飲みやすい。 
w(・0・)w
料理があっさりしているから、ワインも軽くて、
ガブガブいっちゃいそうな勢いでした(笑)。
白ボトル[2種]オーダー

そして、ポルトガルといったらポートワイン♪
・・・っていうか私、ポートワインを飲んだ記憶がない。うん、きっと飲んだことがないっ。
ポートワインとは?


↑ ポートワイン4種の飲み比べにチャレンジ☆
こんなに甘かったんだぁぁぁ!もう食後のデザートですね。
アルコールは効いてるけど(20%)、とってもフルーティーで・・・
これはハマる!
a0029534_15294349.jpg

最後、私の生まれた年の「1979年」を追加オーダー。
親近感が湧いちゃいますね(^^)
そんなわけで、同級生の私から「いただきまーす!」
ひとくち飲んだ感想は・・・
「美味しぃ!イイ感じっ!!」
スイマセン、うまく表現できなくて・・・(汗)
とにかくイイ感じだったんです(笑)。
前の4種よりも落ち着いた味と芳醇な香りが
印象強く残りました☆
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 14:54 | 世界各国のグルメ

ポルトガルのお菓子編

「ヴィラモウラ」その3。食後のデザートです。
a0029534_1495485.jpg
■エッグタルト
ひと昔前(1999年ごろ)日本でブームになりました。
もともとポルトガルのお菓子で、ポルトガル領マカオに製法が伝わり、香港、台湾へ、
そして日本にも広まったようです。
アンドリューのエッグタルト


■ポルトガルプリン
味見させてもらったら、とってもおいしかったぁぁ~(^0^)
しっかりした濃厚なプリン。
つっこんでしまうと、どこがポルトガルなんじゃ~??
スペインもモロッコも似たようなプリンがありました、はい。

<ポルトガル菓子 関連サイト>
ポルトガルのお菓子と飲み物(かわいいイラスト) 
パォン・デ・ロー(スイーツ図鑑より)

<これ知っとこ!カステラの由来>
ポルトガルに「カステラ」と呼ばれるお菓子は実在しない。これに似たスポンジケーキは、ポルトガルではパン・デ・ロー、スペインではビスコチョと呼ばれている。日本でカステラと呼ばれるようになったのは、カステーリャ(スペイン)のお菓子だから?

日本とポルトガルの深~いつながりをあらためて実感。
日本人が直接接した初のヨーロッパ人、ヨーロッパ言語。そういうわけもあって、
ポルトガル語が元になった日本語はたんとあるんです。。。詳しくは「ヴィラモウラ」へGO!
※ポルトガル語 tanto(たんと)=とっても
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 13:14 | 世界各国のグルメ

『みえない雲』

a0029534_1628509.jpg
先日の「それでもボクはやってない」に続き、今回の映画もかなり衝撃的でしたが・・・
クチコミの評判通り、見る価値は大あり☆
映画にすべき、映画としてあるべき作品。
やっぱりミニシアターこそ、隠れた良い映画があるもんです。
そういえば、2007年は「ドキュメンタリー」映画が流行るというのを何かで読んだっけ。
まさに、ドキュメンタリーきてますっ!

【ストーリー】チェルノブイリ原発事故直後の'87年に発表されセンセーションを巻き起こしたベストセラー小説をもとに映画化。ドイツの小さな田舎町を襲った原発事故の悲劇と、その極限状況下で育まれる愛を描く。

「みえない雲」公式サイト
有楽町シネカノンにて。 (上映1/26まで、1/27~レイトショー)
終了間近!まだまだ見てもらいたいなぁ・・・(><)

感想を読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-24 23:19 | 映画

『それでもボクはやってない』

a0029534_129032.jpg

「映画にしなければいけない!」
『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。
痴漢に間違えられた青年に加瀬亮。主人公を弁護する弁護士に瀬戸朝香、役所広司らがふんする。3年もの歳月をかけて“裁判”について取材した監督が、現代の日本における“裁判”の現実を突きつける。

渋谷アミューズCQNにて1/20(公開初日)鑑賞。
公式HP 『それでもボクはやってない

<追記>
1/21 フジテレビ「スタメン」“裁判傍聴にハマる人々”
彼ら彼女らは、なぜ裁判に興味をもつのか・・・?

そこに出てきていたのは同年代の若い人たち。
彼・彼女らは声をそろえて言う。「そこにはリアルなドラマがある」と。
まったく裁判の傍聴には興味のなかった私ですが、ちょっとだけ興味が湧いてきた。
気持ちが分かるような気がしたし、無関心だったものが身近に感じられたのでした。
自分が関心を持った事件の裁判を見てみたいという声もあった。
記憶のかなたにある衝撃的な事件の数々。
あの事件はどうなったんだろう・・・裁判の行方が気になる事件は確かに存在する。

感想を読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-21 23:04 | 映画

青山のフレンチ 「アテスエ」

今日は、オススメで連れてきてもらったお店です。
青山通りから少し入った、閑静な場所にあるレストラン「A TES SOUHAITS (アテスエ)」。

Bコース(¥2,700)をチョイス
まず最初、アミューズに豚肉のリエット。
そば粉を使ったまんまるのパンもぬくぬく、おいしい☆

a0029534_11425833.jpg
【前菜】フォアグラのパルフェ 林檎のソース

「驚!」
想像をはるかに超えていた。
(っていうかシロウトには想像不可能)
料理にパイをまぶしたフォアグラは、
見た目はコロッケっぽい(笑)。
ところが…やわらかくて、
フォアグラが口いっぱいに広がる広がる!
本日のいちばん!
a0029534_11471159.jpg

【メイン】エゾ鹿のミンチ・・・・・・? 生姜のソース

本日の魚料理1品&肉料理4品からチョイス。
ミンチ?
こちらも初めて出会った料理でした。
エゾ鹿自体あまりなじみない。
上品な味付けで、食べやすく、おいしくいただけました。
生姜は・・・「んんっ?」ちょっと分からず(^^;


a0029534_11511028.jpg

【デザート】抹茶のクリームブリュレ 練乳のジェラート

ワゴンデザート(お好きなだけ!)又は
デザート3品から1つチョイス。
←私は美味と聞いていたコレを注文。
わ~っ大きい。
表面のカリカリ部分は甘甘だけど、
抹茶味が調和してくれている。

ちなみにワゴンデザートの方は、
フルオーダーすると5種類のデザート&フルーツを盛り合わせにしてくれます。
飲みもの、小菓子(クッキーとプチマドレーヌ)つき。

料理は最初から最後まで大満足。対応も良くて、文句ひとつなし。
★★★★★5つ星あげちゃいま~す。 \(^▽^)/
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-20 22:17 | フランス料理

『大阪名物』

a0029534_111051.jpg
全国流通の大量生産品でなく、そこでしか買えない手づくりの逸品を中心に、500を超える候補の中から試食と吟味を重ねて73品に厳選。
和・洋菓子から漬物、惣菜、調味料、酒、日用雑貨、手工芸品に至るまで、「手土産に買うべきものがない」と悩む多くの大阪人に贈る、これぞ名物案内の決定版。
(紹介文より⇒詳細


大阪在住の2人のフリーライターによる、これまでにはない名物案内本。
かなり使えそう!!

要チェックな名物
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-18 22:30 | 国内の旅