<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

隅田川花火 ~江東区より望む~

a0029534_20434449.jpg

                    永代橋 ~月島をバックに~

a0029534_20472093.jpg

                        清州橋より見物

ディズニー・アート展を鑑賞した後、場所が近いということで、
隅田川の花火を見ていくことに。

見えるだろうと確信して、門前仲町から月島方面に向かったものの、
全く見える気配なし。

上へ向かって歩くこと10分、15分。。。

清澄白河と日本橋浜町の間にかかる清州橋へやって来た。
ここからはビルの谷間に上がる花火が小さく見えた。
隅田川に面しているとはいえ、だいぶ距離は離れている。
予想では、もうちょっと大きく見えるかと思っていたけれど、
甘かったみたい・・・(><)
高いビルと、ビルの上の電光掲示板のギラギラも見えにくくしている原因。

大きく見えたほうが、絶対いいに決まっているけれど、
混んでいる所に行くのはイヤだったので、、、(^^;
こういう所から眺める花火も、まぁ・・・有りかも?
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-29 22:40 | ホットな話題

ディズニー・アート展へ

a0029534_20394971.jpg
東京都現代美術館にて開催中。

ミッキーマウスが初めて登場した「蒸気船ウィリー」の原画や、
「眠れる森の美女」「白雪姫」「ピノキオ」のセル画、背景画など・・・
門外不出のコレクション約350点と、2005年に千葉大学で発見されたオリジナル画のうち、丹念な修復を施した約200点の作品を一挙公開。
奇跡的なディズニーのオリジナル画発見を機に、日本初上陸の本社コレクションと、
日本に眠っていた幻の千葉大学コレクションとのドラマティックなめぐり逢いが実現し、
同時公開が可能となった。

千葉大での発見とは?
1960年に日本各地を巡回した「動画芸術 ウォルト・ディズニー展」に出品されたもの。
「眠れる森の美女」や「シンデレラ」などのセル画や背景画など約250点、
約45年にわたって保管されていた。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-29 20:27 | ホットな話題

銀座に水族館!

a0029534_18132885.jpg
こんなところに?!_(゚◇゚*)_

銀座の街角に突如現われた大水槽。

驚きと美しさのあまり感動!!
いち早くブログで伝えたいと思っちゃいました(笑)

色鮮やかな熱帯魚がとってもキレイ☆ 
その数、なんと40種1200匹。
(゜))<<   <コ:彡   >゜)))彡
実際、沖縄の海からやってきたものらしい。

銀座の街に清涼感を与えてくれる光景でした。

場所はこちら
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-23 18:07 | ホットな話題

世界一トマトが好きなイタリア人

a0029534_061496.jpg
前回のイタリア本つながりで、、、
『トマトとイタリア人』(内田洋子著)という本も読んでみました。

まず、トマトの歴史から・・・

トマトの原産は南米。
イタリアへ初上陸したのは16世紀半ばのナポリ。
イタリア料理の原点が2,000年以上も前の古代ローマ時代に遡るのに対し、
トマトが食用とされるようになったのは18世紀に入ってからのこと。
ほんの200年余りに過ぎない。
というのも、
長い間、宗教的理由などから不吉な果実のような扱いをされてきた。

パスタが変わればソースも変わる。
特にパスタの消費量の多い南部では飽きないように、
ソースの他、毎食パスタの長さ(長・短)まで変える家もあるほど。
イタリアのマンマ(母)は工夫を凝らす。

パスタとソースの組み合わせは何でもありっていうわけではない。
例えば、、、
ブガティーニ(中央に穴の空いたリング型パスタ)はアマトリチャーナ(トマトベースのこってりした肉入りソース)、タリアッテレ(きしめんのようなパスタ)はラグーソース(ミートソース)、
ペンネ(ペン型マカロニ)は唐辛子の効いたトマトベースのアラビアータ。。。などなど。

基本的にイタリア人は、トマトソースのシンプルなスパゲッティ が一番好きらしい。

a0029534_034875.jpg

中・北部の人たちに限れば、ロングパスタよりショートパスタの方が好まれているようだ。
【内訳 ⇒ ショートパスタ 65%、 ロングパスタ・包みパスタ 35%】
やはり、食べやすい、保存がきくというのが理由。
パスタの国といっても、考えてることは一緒なんですな。

さいごに・・・

トマトは世界で最もよく食べられている野菜であり、
イタリア人(とりわけナポリ人)は世界で最もトマトが好きだということ。


8月末になると、イタリアのマンマたちは保存用トマトを作る。
1年に一度の年中行事。
ピューレやソースにしたり、瓶詰めにして・・・翌年までの1年分!
トマトに懸ける情熱を肌で感じたのでした!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-16 10:01 | イタリア料理

おいしいイタリアごはんを召し上がれ!

「イタリアの食堂ゴハン」

a0029534_11514157.jpg


気取ったリストランテもいいけれど、本場イタリアで試すべきは、いつも地元イタリア人で満席御礼の食堂の味。安くて旨くて涙が出る。さあ、そんな興奮が味わえる本場イタリア食堂へ! (まえがきより)




a0029534_23435825.jpg


イタリアの食堂(トラットリア)で食べられる料理、食材を、辞典形式にA~Zまでイラストや写真と併せて紹介。Aならアニェッロ(子羊肉)、Bならボッリート(茹で肉料理)やブロッコロ(ブロッコリー)…FはFORMAGGIO!


a0029534_23483892.jpg

ヨダレが止まらないっ。。。
豪快なイタリア料理写真の数々に、
最後は 「ごちそうさま!!」って言いたくなるはず。

BUONO!!

イタリア人の「うまいメシが食いたい!!」って心意気が伝わってくる。
わいわいガヤガヤ食堂の賑やかな様子が今にも聞こえてきそうデス♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-15 11:39 | イタリア料理

『ブログ進化論』

a0029534_22272428.jpg
2005年「新語・流行語大賞」のトップ10にも選ばれた『ブログ』。

何故ブログは流行ったのか?


「ブログ=日記」
日記がブームになった。



というよりは、
①誰もが簡単にインターネットで発信することが出来るようになった。(技術面)
②日記形式が、気軽に「私でも始められそう」という気持ちにさせてくれた。(メンタル面)

という2つの要因から、ブログ利用者の増大につながった。 と見られている。

ブログ歴2年になる私ですが、ブログを始める以前はホームページを作っていた。
ホームーページビルダー(ソフト)を利用したので、ブログと同じようにフォームが出来ていて、文章や写真を入れるだけではあったけれど、、、
現在のブログに比べたら、デザインやレイアウトを自分で整える必要が多少あったし、
更新に手間がかかった。。。
今や、そんな難しい技術や手間は払拭され、ウェブに苦手意識があった女性たちがこの世界に参入。莫大にネット人口およびブログ人口が増えたということです( ^∀゚)b

***********************************************************
参考になりそうなもの φ(.. )

自分にとって面白いブログを見つけるコツ。
好きなブログの“お気に入り”を見る。
→感性・趣味の似ているものが多いはず。
ランキングサイトはあまり当てにならない、との記述も。

***********************************************************
さいごに

いろいろな読者レビュー(感想)でも書かれていたけれど、
「未来の、これからのブログ」という発展的な内容よりは、
「ブログとは?」という、ブログ初心者にも分かりやすい内容。
ベテランブロガーにとっては、ブログを振り返るのに役に立つかもしれない。
『ブログ進化論』というタイトルは、ちょっと大げさかもしれないけれど、、、
一読してみる価値はあるのでは。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-14 21:16 | BOOKS

小京都

わが国を代表する古都、京都。
私はこの街が大大大好き!!
特定のお寺や建造物というより、街全体&雰囲気が好きなのだ。
東京のお膝元・鎌倉とも違う。
関東人の私から見ると、関西の新鮮さ、時間の流れがゆっくり感じられたり・・・

今週の『R25』に興味深い記事が掲載されていた。

全国50市町村もあるという…
「小京都」ってどんな場所?
その基準はどこにある!?


全国に50と聞いて、みなさんビックリされるのではないでしょうか!?
有名観光地になっているところも多いけれど、
聞いたことのない地名や、ここも小京都だったんだ!?と意外なところも。
小京都マップ

私が実際に行ったことがあるのは、
金沢、高山、萩、尾道、松江、知覧などでしょうか。。。
もちろん「小京都」も好きで、国内旅行には外せない!

そして、どんな基準で決められているのか?
―京都市に街並や景観が似ている、京都と歴史的なつながりがある、伝統的な産業や芸能があるといった条件のうち、ひとつを満たしていると全国京都会議に加盟できます。小京都とは、この全国京都会議に加盟している市町村のことをいうんです― (『R25』より引用)

なるほど~!!

さらに面白い情報が!!!

―京都の文化や風物になんらかの影響を受けているかどうかはやはり大きなところで、京都よりもさらに歴史の古い奈良や、京都とは相対するように独自の文化を発展させていった鎌倉を小京都と呼ばない― (るるぶ.com『小京都豆知識』より引用)

ははぁーー。
勉強になりました(゚~゚*)
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-13 10:29 | 国内の旅

夢をカタチに ~映画配給という仕事~

「みんなにどうしても見せたい!!」

7/9付の読売新聞【日曜版】で興味深い記事がありました。

近頃、個人で映画の配給権を買う人が現れているとか。
Yさん(35歳女性)もそのひとり。
吉本興業の社員として、映画の配給に携わっていたが、
会社が映画からの撤退を決定。
映画の買い付け価格が高いため、
配給会社は「当たりそうにないけれど好きな作品だからやりたい」
という映画には手を出しにくくなっている現状におかれている。

会社がやらないのなら自分でやる。
Yさんは辞表を出し、退職金をつぎ込み、出資者を探して配給権を買ったのであった。
そうして、見込んだ通りヒットした作品が
ロシアの古い人形アニメーション 「チェブラーシカ」。

「哀愁のあるかわいさに引き付けられ、同世代の女性に絶対受けると確信しました」
と述べるYさん。

私たちが素晴らしい外国映画に出会えるのも、
そんなバイヤーさんのアツイ思いと努力の成果があってこそ。
一人でも多くの人に「見てよかった!」と思ってもらえたら、彼女たちの苦労も報われるはず。

素晴らしい映画に巡り逢ったら、「ありがとう」と言いたい。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-11 01:19 | ホットな話題

今月のテーマ曲 ~June&July~

SPITZ 「CYCLE HIT 1991-1997」
懐かしの名曲ぞろいです☆
通勤時に聴いている。朝から非常に爽快♪
満員電車の中でも、私の周りだけ爽やかなそよ風がなびいているような(笑)。

特に好きな曲ベスト3
①空も飛べるはず
②渚
③スカーレット


平井堅 「歌バカ」
高音に癒されます!!(≧∇≦)

―心地よい音楽、リラックスできるヒーリング音楽、ただ今探してます。
音楽とともに目覚め、コーヒーを入れながらおうちでカフェ気分♪
・・・みたいなスローライフが実践できたら理想です。・*:・(人´∀`)
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-10 23:57 | ホットな話題

東京のシンボル

a0029534_22342338.jpg
真下から見た姿はやっぱりスゴイ!!

っていうか、いつ見てもうっとり。。。
何度見ても飽きることありません。

7/7より夏バージョンに衣替えしたそう。

お気付きになられましたか?
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-08 22:27 | ホットな話題