<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スリランカ フェスティバル

冷たい雨の中、代々木公園で開催されていたスリランカ・フェスティバルへ。
スリランカ料理の屋台、紅茶や民芸品などを販売するテントが並んでいた。
スリランカと聞いて思い浮かぶイメージは、やはりカレーや紅茶くらいだが…

こんなもの食べてみました。
●スリランカコロッケ、サモサ(2つで¥350)
 サモサはおなじみ、マッシュポテトとひき肉を包んで揚げたもの。
●ゴーダンバロティ(¥300) 人気!
 クレープのようなもっちりしたパン生地でマッシュポテト&ひき肉を包んで焼いたもの。
 微妙に甘みのあるチリソースをつけて食べる。これがけっこう辛い。
●ドライカレー・フィッシュ(¥500)
 玉ねぎとフィッシュ(といっても魚っぽくない。何の魚か謎。)の入ったカレーのせご飯。
 黄色く炊かれた(サフラン)ライスは超パラパラ。レーズン入り。
 カレーがかなり辛くて口の中がヒリヒリ(><;
a0029534_20361517.jpg
数種カレーあり。インドカレーとは何が違うのか?
特徴としては、ココナッツミルクで風味をつけ、鰹節を加えている場合もあるとか。
それからスパイスの微妙な違いetc.
やはりスリランカはインドより南に位置することもあり、辛いものが多いようだ。
[PR]
by cafe-lover79 | 2004-10-30 20:40 | カレー

トルコ 世界三大料理 

世界三大料理のひとつであるトルコ料理。中国、フランスに次いで何故トルコ??
長らくの間、謎に包まれていた疑問を紐解いてみました。

●世界三大料理●
a0029534_13375463.jpg

トルコの料理が他国に与えてきた影響は大。
東西文明の十字路にあって様々な文化要素を取り入れた独特の食文化を形成してきた。
官廷料理の流れを汲んでいる。
トルコ→アラブ諸国、ギリシャや東欧へと伝わった料理は多い。
例:ドルマ(詰め物料理)やムサカetc.

これも意外や意外!!なんとヨーグルトの発祥はトルコ。
ブルガリアではありません。トルコでもヨーグルトが頻繁に使われていたことに納得。
トルコ系遊牧民が作ったものと言われている。
それがギリシャ、ブルガリア、インドまで広まったのである。

<『食の世界地図』 文春新書 21世紀研究会編>より要約
[PR]
by cafe-lover79 | 2004-10-29 11:07 |  *トルコ 2005

トルコの旅 vol.2 食

トルコの食べ物といえば何を思い浮かべますか?
多くの人は「ケバブ」と答えるでしょうか。もちろんケバブ(肉料理)はポピュラーであるが予想を超えて(大げさ?)様々な食べ物に出会うことができた。
a0029534_14593637.jpg
●トマトは欠かせない!
トルコの料理には必ずといっていいほどトマトが使われている。
毎食のように出てくるサラダは定番品。時には焼かれていたり、煮込み料理にもなる。

●食後のフルーツはスイカ!
これも定番。まさかトルコで、しかもこの時期にスイカを口にするとは思っていなかった。メロンとセットで出てくることが多い。さすがに10月頃までが限界かと。

●葡萄!葡萄!葡萄!
カッパドキアでは葡萄の木がそこらじゅうに植えられている。棚からぶら下がって実を付けている光景しか見たことが無かったが。野生?の葡萄だけれど甘くて美味しかった。

●チーズが美味しい!
朝食にも必ず出てきたが、チーズ好きの私にとっては嬉しいこと。味は濃いけれど、日本ではなかなか食べられないものだ。

●ヨーグルト
トルコでは料理と一緒に食べる。キュウリやトマト(サラダ)にかけたり。
アイラン(ヨーグルトドリンク)も美味しい。甘くなくて飲みやすい。塩気があるとガイドブックに書いてあったけれど、普通に安心して飲めます。
a0029534_151125.jpg
●スイーツ
トルコのスイーツは激甘らしい。あまり食べる機会がなかったので何とも言えないが、日本では知られていないものも多い。今回食べた中でもカステラっぽいお菓子のシロップ漬け(ケマルパシャetc.)は定番だった。このシロップがさらに甘さを増している。
[PR]
by cafe-lover79 | 2004-10-18 23:09 |  *トルコ 2005

トルコの旅 vol.1 絶景

アジアとヨーロッパの架け橋「トルコ」。
3~4年も前から漠然と行って見たいと思い焦がれていた国だった。
そして今回その思いが現実となった・・・
8日間の日程でカッパドキアとイスタンブールに滞在。

カッパドキアは広大な土地に数々の奇岩が見られる地域。自然の力で造られたとはとうてい思えない。また、岩山の洞窟には4世紀前後からキリスト教の修道士たちが住んでいたとされる住居・教会跡も見られる。天井や壁には彼らが描いたフレスコ画が見事に残されており、とても生々しく感じられた。a0029534_2238313.jpg
英語ガイドのアッサムさんにはあちこち絶景ポイントを案内してもらった。アメリカやオーストラリアでも雄大な大自然を見ることが出来るが、カッパドキアも負けてはいない。むしろ私はこちらをオススメしたい。
そしてハイライトは気球ツアー。夜明け前に飛び立つので朝日が昇る瞬間を見ることも出来る。岩々の連なる大パノラマには感動!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2004-10-17 22:13 |  *トルコ 2005