カテゴリ:スイーツ( 48 )

日本一のチーズケーキを求めて

a0029534_138555.jpg
日本人は世界一チーズケーキ好きな国民なのでは?
そう思えるくらい日本には多種多様なチーズケーキがありますよね。
本「チーズケーキの旅」
私はベイクドタイプが昔から好きだった。
子どもの頃の定番は、シロップがテカテカ塗られてて、生地がじゅわ~っとしてるの。
「じゅわ~っ」というのはスフレタイプに近いのかなぁ・・・?

そのスフレタイプ(半生タイプともいう)でとても美味しかったのが、
神戸フランツの『半熟チーズケーキ』です。
レンジで温めるとさらに美味。新感覚のあつあつチーズケーキ☆

そのほか・・・スティックタイプも好き~(^^)
ニューヨークチーズケーキ系?こちらは濃厚でしっかりしたタイプ。
なんてったって、手を汚さないでそのまま食べられるのが嬉しいです。ナイスアイデア☆

そして、このたびお取り寄せしたのが、大阪「デリチュース」のチーズケーキ。
その名も『デリチュース』
情報を風のウワサで聞いたり、本で紹介されたりしていて、

「絶対食べなきゃ!!」

確信した。
これこそ、私が探し求めていた日本一、いや世界一のチーズケーキなんじゃないかと。
今までに出会ったことのない、超・超・超美味なチーズケーキなのです!
そのワケは、、、使用しているチーズから普通じゃない。

続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-27 12:19 | スイーツ

クリスマス焼き菓子の会

a0029534_12204410.jpg
ドイツのシュトーレン10数種、パネットーネ、パンドーロ、コンフィチュールなどなど・・・
約30アイテムのクリスマススイーツを味わいました!
a0029534_12214694.jpg

まずは、ドイツのクリスマス菓子『シュトーレン』
たくさんありすぎて、比較するのも、NO.1を決めるのも困難でしたぁ・・・(^ ^;


おいしい!!と思ったもの。
NO.1はア・ポワレの“フォアグラとトリュフのパイ”。
なんと1台10,500円もするらしい。
34等分して頂く。
そうそう簡単に買うことのできない、幻のパイでした☆

同じ系統では、アルカションの“フォアグラのパイ”。
甘いものが多かったこともあるけれど・・・
おいしかった。(^^)b

やはり高価で、このようなイベントが無ければ口にすることができない、
鎌倉「ハウス・オブ・フレーバーズ」の手間ひまかけたフルーツケーキ。
焼き上げてから2ヶ月寝かせておく必要があるため、
夏の終わりにドライフルーツをラム酒に漬けるところから、準備に取り掛かる。
9月から10月にかけ、ケーキを焼き上げる。
こうして、クリスマスまでゆっくりゆっくり待つとのことです。

a0029534_1222484.jpg
フランス、アルザス地方のお菓子『ベラベッカ』
色とりどりのドライフルーツやナッツがたっぷり!
きれいに飾りつけ、クリスマスリースに見立てている。
先月食べたイギリスの『クリスマスプディング』とも似ている。

イタリア菓子専門店「ソル・レヴァンテ」のパネットーネ、パンドーロ、
ともにおいしかった。

a0029534_1273491.jpg『パネットーネ』
ミラノが発祥。
パネットーネ菌で発酵させたブリオッシュ生地の中に、レーズン、プラム、オレンジピールなどのドライフルーツが入ったドーム型の菓子パン。
「ソル・レヴァンテ」オリジナルのパネットーネは、
ドーム型の表面がカリカリ&中はふんわり、
食感の違いが楽しめた♪

a0029534_12133853.jpg『パンドーロ』 
ミラノのあるロンバルディア州の隣、
ヴェネト州ヴェローナが発祥。
卵たっぷりのスポンジ生地のパンであることから、パンドーロ(黄金のパン)と呼ばれてる。
ドライフルーツは入っておらず、八角形の星型のような形。
粉糖をかけて切り分けていただく。


スパイスクッキー(レープクーヘン)も好き!

コンフィチュールは、「タダシヤナギ」。 
紅玉やセミドライマンゴー、フルーツがゴロゴロたっぷり。
フルーティーで美味、初めて出会った感じ☆

ドイツ、フランス、イタリアのクリスマス菓子、
それぞれ形や生地は異なるものの、共通するのはドライフルーツが使われているという点。
すっかりクリスマス気分を堪能し、今年のクリスマスは悔い無しです!(笑)
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-12-17 14:54 | スイーツ

自由が丘スイーツ巡り

久々の自由が丘。
この日はスイーツを食べよう!ということでやってきました。

■パリ・セヴェイユ 「ムッシュ・アルノー」
a0029534_1194748.jpg
ヘーゼルナッツ風味のダコワーズにプラリネ・クリスティヤン(薄焼きクッキー)、
ミルクチョコレート、オレンジ風味のクレーム・ガナッシュ、
薄い板チョコを重ね、上にミルクチョコレート味のクリーム。

様々な素材が組み合わさって、様々な食感を楽しめる。
なめらかな口どけ、カリカリッ、パリッ、ジャリジャリ、サクサク・・・!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-12-03 21:01 | スイーツ

季節の野菜がスイーツに!?

“potager(ポタジエ)”

フランス語で「家庭菜園」という意味だそう。
2006年4月、中目黒にオープンしたスイーツのお店。
できたてホヤホヤどころか・・・
かなりアツイです!!

というのも、店名からお分かりのように、
たんなるスイーツではございません。
野菜を使ったスイーツ専門店なのです。

これまで見たことのない斬新なスイーツの数々。
どんな味がするんだろう・・・??
まったく想像できません!!
a0029534_23182562.jpg

私が選んでみたのは・・・
「枝豆とコーンのムース」

VERY VERY CUTE!!

ふわっとしたムースが、自然な甘みとともに口の中で広がる。
パステルカラーの色合いといい、ココロにもカラダにも優しいスイーツです。

ちょうど空いていたテラス席でいただきました。
心地よいそよ風が吹き、絶好のテラス日和♪

ただ、、、隣でビルの工事真っ最中。
ガンガンガンガン響きわたる音。うぅー ひじょーに耳障りでしたが・・・(><)

旬の野菜フルーツを味わいに、また訪れてみたいお店です☆   
HP
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-06-10 22:48 | スイーツ

キャラメルコンフィチュール×ハードチーズ

a0029534_14493492.jpg
「コンフィチュール×チーズのマリアージュ会」に参加。

今回のテーマの「キャラメル」「チーズ」。
どちらも大好物☆
私の場合、キャラメルといっても、あの硬いキャラメルではなくて、
ケーキに使われているキャラメル味(風味)が好きなのです。

チーズ講座に通っていたほど、チーズ大好きな私でありますが、
チーズとコンフィチュールの相性がよいことは既に知っている。
チーズもコンフィチュールもバリエーション豊富なので、
なかなかベストマッチングを見つけ出すのは至難の業ですが・・・(^^;
とにかく美味しさは倍増!

しかし、キャラメルとチーズを合わせるのは初めてのこと。
口の中でどんな味になるのか・・・まったく想像できなかった。
とにかく、今回は有名パティスリーのコンフィチュールを試食できるということもあり、期待を膨らませて試食に臨みました♪

【キャラメルコンフィチュール】
①キャラメルジャム (アニバーサリー/青山)
プリンのカラメルのような味と匂い。口の中で風味が広がる。プルプルタイプ。

②キャラメルアプリコ (ノリエット/下高井戸)
アプリコットの酸味が強く、キャラメルが負けてしまっているかんじ。

③タルティヌ・カラメル・サレ (オーボンビュータン/尾山台)
とても苦味がある。

④キャラメルのコンフィ (リリエンベルグ/新百合ヶ丘)
和三盆を使用しているのが特徴。独特で甘さが強め。

⑤ラデュレ (フランス)
かたい!飴のように伸びる。まさにキャラメルそのもの。

⑥コンフィチュール・ド・ノルマンディー (フランス)
これといった特徴はないけれど、万人受けするかんじ。人気があったのも納得。

⑦ミルキッシュジャム (菓子’sパトリー/神戸)
キャラメルというか、ミルキーな味。友人曰く、「白いパンに合いそう。」

⑧バナナのキャラメルと生姜風味のジャム (イグレックプリュス/神戸)
バナナと生姜の味が強く、キャラメルの風味がほとんど感じられず。どろどろタイプ。

a0029534_14495935.jpg
【チーズ】
①コンテ (フランス)

②アッペンツェラー (スイス)

③ケソ マンチェゴ (スペイン)

④パルミジャーノ レッジャーノ (イタリア)

⑤ミモレット エクストラ ヴィエイユ (フランス)

<感想>
結局、どのチーズとどのコンフィチュールが合うかなんて全く分からなかったけれど、、、
様々な「キャラメルコンフィチュール」に出会うことができ、
おいしい幸せな時間を過ごせました。
フルーツだけにとどまらず、いろんな素材を組み合わせたイマドキのコンフィチュール。
これを機に、“MY FAVORITE コンフィチュール”を見つけてみたい♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-04-28 23:55 | スイーツ

「マ・ボンヌ」

a0029534_22361165.jpg
白金台「ショコラティエ・エリカ」の大人気スイーツ。
シロガネーゼや有名人御用達の老舗チョコレートショップでございます。

スイートなミルクチョコレートの中に、マシュマロとクルミ入り。
「フワフワ」と「カリカリ」の2つの食感を楽しめる。
なんとも贅沢で、美味しい組み合わせなんでしょ~♪

感激!!(>。<)
やみつきになります!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-03-27 17:06 | スイーツ

フレンチスタイルのカフェ

オ・デリス・ド・本郷にて。

【ガトーグラッセ  ドライフルーツのムースアイス】

a0029534_16405316.jpg
ひんやり固まった真っ白のムース。
というか、アイス。
中にはナッツやドライフルーツ(アンズなど)入っている。
ナッツのカリカリした食感、酸味のあるドライフルーツがムースとうまく組み合わさった
いろんな要素からできたデザートなのです。(・~・*)b

フランスでは伝統的なデザートらしいけれど、
私にとっては新感覚なデザートでした☆
リキュールのきいた甘酢っぱいフランボワーズソースと一緒に味わう。
見ためよりあっさり食べられた。

【ヌガーグラッセ】 生クリームと卵白とプラリネを混ぜたアイスクリームの元祖的お菓子。

■ヌガー: アーモンドをキャラメリゼし、砕いてクリームに練りこんだもの。
■グラッセ: 凍らせる。

「オ・デリス・ド・本郷」について
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-31 10:34 | スイーツ

プロフェッショナル~仕事の流儀~ 杉野英実氏


「あたり前が一番むずかしい」

「あたり前を積み重ねると特別になる」

イデミスギノのパティシエ、杉野英実氏の名言である。
人気店でありながら、これまでメディアに登場することはほとんどなかった杉野さん。
このたび、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」にご出演。

番組を見て、また食べに行きたい!!と思った。
このお店のファンの人もお店を知らなかった人も、番組を見た大半の人が、
京橋へこぞって駆けつけるに違いない。

放送から3日後。
たまたま京橋を歩いていたら、見事お店の前には行列ができていた!!
ひょえーーっ ヽ( ゜□ ゜;)ノ
テレビの力はすごいものがある!!!!!

ちなみに、ネットにもその波及が。
「注目検索キーワード」でもベスト5に入っていたではないか。恐るべし!!!!!

イデミスギノの凄さ!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-24 23:12 | スイーツ

長野のタルト専門店より

タルトの専門店「エスキィス」
色とりどりのタルトに魅かれ、久々にお取り寄せしちゃいました。
6種類のタルトが入って、共同購入にて2,400円(送料込)。

お取り寄せって金銭感覚が鈍ってしまう(^^;
実際のところ、安いのか高いのかわからないけど・・・
なんだかお得に思えて、手軽さもあって、ついつい買ってしまう(笑)。
まぁ、お試しと思えばいっか~(^^ゞ
a0029534_9411257.jpg

[左より] ①ナッツとゴマのタルト ②極上ブルーチーズのタルト ③いちじくのタルト
       ④抹茶といちじくのタルト ⑤チェリーとカシスのタルト ⑥ショコラタルト

私が一番気に入ったのは「ショコラタルト」 。
チョコ好き必見!!
濃厚な生チョコにクルミ、パンプキンシード、あんずやレーズンなどの甘酸っぱいドライフルーツがとってもマッチ!!生クリームやバニラアイスを添えて食べると、より美味しさUP☆

「ナッツとゴマのタルト」もナッツ好きにはたまらない一品。

店長さん一押し「極上ブルーチーズのタルト」はブルーチーズの風味がいい感じ♪
ブルーチーズが苦手という人もきっと大丈夫。上品なチーズケーキ☆

お試しはコチラ。絶対食べたくなっちゃうよ~ん o(☆∇☆)o
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-10 20:24 | スイーツ

コンフィチュール・エ・プロバンスより

銀座で“コンフィチュール・エ・プロバンス”を経営する福田恵美さんが本を出しました。

『コンフィチュール』とは、フランスのジャムのこと。
果実や野菜を組み合わせてみたり、ハーブや香辛料でアクセントをつけるなど、
新しいスィーツを創作するような感覚で作っているところが
これまでのジャムとは違う、コンフィチュールの特徴。

福田さんはコンフィチュールの世界に魅せられ、フランスまで幾度となく足を運び、
南仏プロヴァンスにアトリエを開設。
そこで作ったコンフィチュールを直輸入することで、
日本でも本格的コンフィチュールを楽しめる専門店を誕生させました。

本書は、その専門店“コンフィチュール・エ・プロバンス”をオープンさせるまでの経緯や奮闘の日々を綴ったエッセイ。
a0029534_13165539.jpg

多彩なバリエーション、想像を超える素材の組み合わせには圧倒されます!
\(≧◇≦)/ 
銀座という場所柄、時々立ち寄らせていただくのですが、
いつも迷わされて、商品の前を行ったり来たり。。。(笑)
端から端まで味見してみたいものですぅ(^^;

コチラのお店のコンフィチュールは砂糖不使用というのもポイント。
現地の市場や農家から仕入れた野菜や果物に、果汁の糖分だけで甘味をつけているそう。
確かに上品な甘みで、素材が生かされているような気がします。

ちょうど先週も、京都案内してもらったお友達へのお礼にチョイスしました。
ぴりきょん、お気に召していただけましたでしょうか?(*^‐^*)
袋入りコンフィチュール3つを詰め合わせた三角形のクリアーケースがとってもオシャレなの。
見た目的にもイケてて、GOODアイデアです!(^▽^)b

2005冬~春にかけてプチブームとなった『コンフィチュール』。
話題はコチラでチェックせよ!

◆特集 “コンフィチュール”
FRaU 東京コンシェルジュ(2005/04/03)

◆特集 “ジャムのあるステキな生活 多彩な味をあなた好みで”朝日マリオン・コム(2005/03/30)
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-12-01 11:05 | スイーツ