カテゴリ:イタリア料理( 43 )

夏期限定を食す ~パスタ編~

今夏、マイブームになりつつあるもの。
夏の間に必ず1度、いやいや、2度は食べたいと思っているもの。

其の壱・・・“冷製パスタ”

この日は東京湾花火を見ようかとも思っていたけど、、、
結局、天候荒れて中止になったし、青山deランチ。

予定外だったので、いくつか思い浮かんだお店の中から・・・
2度目の訪問、「AW kitchen figlia」へ。
お盆のためか、ランチメニューは無く、夜と同じアラカルトメニューのみになっていた。
ランチ価格に比べると、かなり割高。。。
ちょっと悔しいけど(; ;)仕方ないか。美味しければ許そう!

~~冷製パスタ祭り~~
ありました、ありました!
冷製だけで5種類揃ってます☆

冷製パスタとリゾット、1品ずつオーダー。
■ウニのカッペリーニ ジェノベーゼソース
a0029534_2373814.jpg
上品に盛られている。2人だとふた口ずつという感じ(^^;

■沖縄産もずくとシラス小柱の五穀米リゾット
a0029534_2375389.jpg
やわらかすぎないお米の食感がグー。麦のツブツブ感も楽しめる。
海の風味が口の中で広がる。ヘルシーな和×伊リゾット。

アミューズにはグラッシーニとイカ墨のラスクが提供される。
付け合わせのチーズクリームも美味☆
料理のお供に発芽玄米パン、イカ墨パン。

パスタハウスと謳っているだけあって、本格的なパスタで種類が豊富!
独創的なパスタ、全制覇してみたいな~o(≧◇≦)o
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-08-12 22:49 | イタリア料理

世界一トマトが好きなイタリア人

a0029534_061496.jpg
前回のイタリア本つながりで、、、
『トマトとイタリア人』(内田洋子著)という本も読んでみました。

まず、トマトの歴史から・・・

トマトの原産は南米。
イタリアへ初上陸したのは16世紀半ばのナポリ。
イタリア料理の原点が2,000年以上も前の古代ローマ時代に遡るのに対し、
トマトが食用とされるようになったのは18世紀に入ってからのこと。
ほんの200年余りに過ぎない。
というのも、
長い間、宗教的理由などから不吉な果実のような扱いをされてきた。

パスタが変わればソースも変わる。
特にパスタの消費量の多い南部では飽きないように、
ソースの他、毎食パスタの長さ(長・短)まで変える家もあるほど。
イタリアのマンマ(母)は工夫を凝らす。

パスタとソースの組み合わせは何でもありっていうわけではない。
例えば、、、
ブガティーニ(中央に穴の空いたリング型パスタ)はアマトリチャーナ(トマトベースのこってりした肉入りソース)、タリアッテレ(きしめんのようなパスタ)はラグーソース(ミートソース)、
ペンネ(ペン型マカロニ)は唐辛子の効いたトマトベースのアラビアータ。。。などなど。

基本的にイタリア人は、トマトソースのシンプルなスパゲッティ が一番好きらしい。

a0029534_034875.jpg

中・北部の人たちに限れば、ロングパスタよりショートパスタの方が好まれているようだ。
【内訳 ⇒ ショートパスタ 65%、 ロングパスタ・包みパスタ 35%】
やはり、食べやすい、保存がきくというのが理由。
パスタの国といっても、考えてることは一緒なんですな。

さいごに・・・

トマトは世界で最もよく食べられている野菜であり、
イタリア人(とりわけナポリ人)は世界で最もトマトが好きだということ。


8月末になると、イタリアのマンマたちは保存用トマトを作る。
1年に一度の年中行事。
ピューレやソースにしたり、瓶詰めにして・・・翌年までの1年分!
トマトに懸ける情熱を肌で感じたのでした!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-16 10:01 | イタリア料理

おいしいイタリアごはんを召し上がれ!

「イタリアの食堂ゴハン」

a0029534_11514157.jpg


気取ったリストランテもいいけれど、本場イタリアで試すべきは、いつも地元イタリア人で満席御礼の食堂の味。安くて旨くて涙が出る。さあ、そんな興奮が味わえる本場イタリア食堂へ! (まえがきより)




a0029534_23435825.jpg


イタリアの食堂(トラットリア)で食べられる料理、食材を、辞典形式にA~Zまでイラストや写真と併せて紹介。Aならアニェッロ(子羊肉)、Bならボッリート(茹で肉料理)やブロッコロ(ブロッコリー)…FはFORMAGGIO!


a0029534_23483892.jpg

ヨダレが止まらないっ。。。
豪快なイタリア料理写真の数々に、
最後は 「ごちそうさま!!」って言いたくなるはず。

BUONO!!

イタリア人の「うまいメシが食いたい!!」って心意気が伝わってくる。
わいわいガヤガヤ食堂の賑やかな様子が今にも聞こえてきそうデス♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-15 11:39 | イタリア料理

ソロモン流 ~イタリアンのカリスマシェフに密着~

予約の取れないイタリア料理店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」のシェフ落合務氏に密着。

当初、落合氏はフランス料理を志していた。フランスからの帰り、航空券の都合でたまたま立ち寄ったイタリアで料理に魅せられ、この道に進むことを決意。イタリア各地で修業を積んだ。1997年に独立し、東京・銀座に店をオープン。手ごろな値段と確かな味、気取らぬ雰囲気が話題となり、予約の取れないレストランと呼ばれる人気店へ。その成功の秘訣(ひけつ)に迫る。

~ ☆ ~ ・ ~ ☆ ~ ・ ~ ☆ ~ ・ ~ ☆ ~ ☆ ~ ・ ~ ☆ ~ ・ ~ ☆ ~ ・☆


単なるマスコミ効果だけではなく、安くて美味しいものをきちんと提供している結果として、
確実に人気を持続させているのだと思う。
「ラ・ベットラ」本店の方へ伺ったことはないけれど、期待は裏切らないはず。
お客さんへのホスピタリティーを大切にしているシェフの人柄にも好感が持てた。

幻の「吉田牧場のモッツァレラチーズ」は一度でいいから口にしてみたい!!!!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-06-25 23:35 | イタリア料理

イタリア地方料理と手打ちパスタ

恒例のタカエちゃんとの休日ランチ。
2人ともイタリアンが大好き。
イタリアンといっても、テーマは「郷土料理」。
それと『手打ち』のパスタは外せない。
やはり美味しいものにこだわる私たちですから(笑)
もはや、ありきたりのイタリアンでは満足できない!!

イタリア料理というのは地方ごとに様々な料理が存在している。
それがイタリア料理の魅力であり、私をとりこにさせる所以(ゆえん)。
珍しい料理を味わってみたい!
もっともっとイタリアの地方料理を知りたい!
という思いから、どんどんはまっていく。

そんな私たちが望んでいたレストランが・・・
Cascina Canamilla (カシーナ カナミッラ)。

昨年、白金台にオープン。
イタリア郷土料理研究家・長本和子さんプロデュースのお店ということで、
なおさら期待は大!

さてさて、ランチのメニューをご紹介。
a0029534_103161.jpg
【前菜】左から時計回りに・・・
ビーツのスープ、プロシュート(レバーっぽい?)、鶏(鴨?)、
エジプト豆のフライ(ポテトっぽいけど美味!)、マリネ、タケノコのバジルソース


【パスタ】
郷土色あふれる手打ちパスタがなんと6種類!(2,400円コースより選択可)
思わず、目がキランキランしてしまう♪
a0029534_10362615.jpg
メニューにはパスタ各々「○○州」と表示されているのも、さすが!
地方を意識しているというか、こんなレストランは史上初です!!
しかし、それを見ても、どこにある州なのか、どんなパスタなのか、
実はまったく見当がつかないのだけれど、、、
“地方料理マニア”にとっては高ポイントなのです(笑)。

選んだパスタは「ピガッツェ」。
平麺といっても厚みがあり、シコシコ&もちもち。手打ちならではの食感。
聞いたことのない種類のパスタ。リサーチしてもヒットせず。
a0029534_10395049.jpg
      ピガッチェ セリと鶏肉のトマトソース ~リグーリア州~


【食後】
たっぷりカプチーノ☆
残念ながら、デザートは別注文が必要です。
a0029534_11453.jpg

デザートがついていたら、コスト的にも大満足だったかな。
女ゴコロをつかむ前菜のプレート、
選ぶのがわくわくしてしまうパスタメニューであっただけに・・・。
でも、ランチで手打ちパスタが豊富なレストランはココだけ。
きっと再訪します♪
今度はニョッキも食べたいかも~(^0^)

Blogランキング参加中。アナタの一票よろしく!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-03-26 19:39 | イタリア料理

中目黒のパスタの名店が青山に!

以前から行ってみたいと思っていた中目黒の「PASTA HOUSE AW Kitchen」
営業は夜のみだったので、なかなか行く機会がなかったのですが、、、
うれしい朗報が!
青山に2号店がオープンし、そこではランチもやっているというじゃありませんか!
早速、念願かなって行ってきました♪

<前菜> 冷製パスタ or スープ (お友達と1皿ずつチョイス)
■白いんげん豆のスープ
a0029534_14183579.jpg
 
■桜鯛とウイキョウの冷製パスタ
→メインがパスタなのに、前菜もパスタ?!・・・と違和感があったけれど、
さっぱりしていてめちゃウマでした!!

<メイン> パスタ4種類+リゾット1種類からチョイス
■トマトとモッツアレラ、バジルのスパゲティーニ
a0029534_14185893.jpg
定番ですが、選んでみました。
麺の太さ、食感、ほどよいトマトソース味、とすべて合格☆

■キノコとクリームソースのフェットチーネ 
a0029534_14193087.jpg


<パン> パルミジャーノ入りオリーブオイルをつけて
自家製のプチパン2種。
発芽玄米のパン胡桃入りイカスミのパン
1個ずつ持ってきてくれるので、焼きたてが味わえます。
嬉しいサービス。

<デザート>
金柑のクランブル オレンジソース添え
a0029534_14211245.jpg

<コーヒー or  ティー>

以上1,800円。妥当なお値段だと思います。
予約をして、時間が早めにだったこともあり、
角っこのゆったりしたソファ席に案内してもらった。
2人で使ってしまっていいのかなぁ~(^^ゞと思ったけれど、
おかげでゆっくりランチを楽しむことができました(^▽^)

今話題の「表参道」
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-02-25 23:10 | イタリア料理

初体験☆パスタ教室 

~マレンマ風ほうれん草のトルッテリ~
    トスカーナ州マレンマ地方に伝わる詰め物パスタ

「トルッテリ」とは?
a0029534_1326674.jpg

イタリアには詰め物をしたパスタが数多く存在している。
それらはラヴィオリ、トルテッリーニ、カッペッレッティ、アノリーニ・・・などと呼ばれ、
その形によって、あるいは同じ形であっても土地によって、呼び方が異なる。

とりわけエミリア・ロマーニャ地方において、
トルテッリと呼ばれる詰め物入りパスタを使った料理が多いようです。

パスタ120種類を紹介!! 
見てると楽しくなります♪ ⇒ ヴィエトリ社のサイトへ

■マレンマ地方はこんなところ
a0029534_12593968.jpg

■パスタ教室の感想
手打ちパスタ作りは初体験でしたが、めちゃ楽しい!!
これなら私でもできそうカナ?!
教室のホームページを見たときから、
ほんわか可愛らしい雰囲気に惚れたのですが (#^-^ゞ
実際、キュートな先生とアットホームな雰囲気で、
しかもマンツーマンで教えて思えて。。。
理想としていたお教室でした。
ウチから片道1時間半かかる場所なのだけれど、、、
それでも、また行ってみたいかも♪
月ごとに様々なパスタが習えるのも魅力です。
今年はパスタ作りにハマってみようかな(笑)。


パスタの作り方
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-18 23:43 | イタリア料理

キーワードは秘密の○○ 「イル・バッフォーネ」

恒例、タカエちゃんとのランチ巡り。
今回は、恵比寿のイタリアンを訪れました。
そのお店はちょっとおもしろい所にあります。
キーワードは・・・

       「秘密の階段」 ( ̄b ̄)シーーッ!! 

その階段を降りると、すぐ目の前に現われました。(*・∀・)σ
知る人ぞ知る、こじんまりとしたレストラン。
こういうフツーの人は来ないような所、ワクワクしちゃう! o(^-^)o

情報によると、1800円で大充実のランチがいただけるとのことで、
楽しみにやって来ました♪♪♪

まず、前菜。
なんとなんと、サラダやスープを含む7種類の中からチョイスできます☆
タカエちゃんは「前菜の盛り合わせ」
a0029534_12552998.jpg

想像を超えた盛り合わせの充実ぶりに絶叫!!
私もこっちにしておけばよかったなぁ・・・と後から思ったのですが、、、

私が選んだのは、くらげさんのBlogでも紹介されていた「白インゲン豆のスープ」
a0029534_12554863.jpg


それから、めちゃめちゃ気に入ったのが3種類の自家製パン。
a0029534_1326180.jpg
オリーブ、ローズマリー入りのフォカッチャ、全粒粉のパン。
どれも外側がパリッパリ!!
感激です!!

パスタは3種類。やはり、目に止まったのは自家製パスタ。
a0029534_13284079.jpg
他にカラスミのスパゲッティ、ゴルゴンゾーラのペンネ。
せっかくだから2種類を味わってみたいとも思ったけれど、2人とも自家製パスタに。
ルッコラはニラのような香りが漂う。
他では出会ったことのないパスタでした。パスタのシコシコした食感もポイント。

デザートは盛り合わせ。
ティラミス、ダークチェリーのプディング、パパイヤのシャーベット。
ティラミスがおいしかったぁ d(^~^@)
a0029534_14421488.jpg


最後、コーヒーを飲んで
ごちそうさまでした!コストパフォーマンスの高い大満足なランチでした。

※日曜定休です。祝日は営業されてます。
イル・バッフォーネ紹介記事⇒ All about お店選びの参考になります。

Blogランキング参加中。面白かったらクリックよろぴく!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-09 20:29 | イタリア料理

トスカーナの一軒家風レストラン

評判のイタリアンがあると聞きつけ、江東区は木場へやってきました~。
そのレストランとは、『トラットリア イ・ビスケロ』
タカエちゃんがピックアップしてくれたお店の中からチョイス。

マンションの2階がレストランになっている。
マンションといっても、店内は意外にも広い。
テーブルとテーブルの間はゆったりしていて、奥には個室スペースもある。

ランチは2,000円コースで。(税別)

■前菜 モッツァレラと生ハムのサラダ
a0029534_948552.jpg
モッツァレラが美味しい!クリーミーで、口の中でホロホロ崩れる感じ。
こんな食感のモッツァレラは初めてかも。
気になってお店の人に聞いてみたら、イタリアから輸入している普通の(?)モッツァレラだそう。
写真では分からないけど、中からいろんな野菜が出てきた。


■パスタ シラスとトマトのスパゲッティ
a0029534_957738.jpg
パスタをチョイスできなかったのが残念。
o(≧~≦)o くぅぅ・・・
ワガママながら、パスタって1種類だと飽きてきてしまうので、2種類くらいシェアできると非常に嬉しいんだよね。。。


■デザート バニラ・へーゼルナッツのアイスクリーム
a0029534_1031781.jpg
デザートはチーズケーキ、パンナコッタ、プリン、チョコタルト、ジェラート…
6種類から1つ選ぶことができる。
かなりお腹いっぱいだったので、軽めにアイスをチョイス。
タカエちゃんが選んだのはチーズケーキ。
どんなチーズケーキが出てくるのかと思ったら、レアで食べやすかった。
1カット大きいっ!

やはり、パスタをお目当てに来ただけに、個人的にはもう一工夫欲しかったというのが本音。
後で知ったのですが、ランチは予約のみで、ディナーの仕込みの傍ら営業しているんだとか。
けれど・・・ 

雰囲気、心地よさ抜群!!!

クリスマスのオーナメントも可愛かったりして、これまたGOOD☆ (≧∀≦)b
気分良くお店を後にすることができたのでした♪♪♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-12-25 21:31 | イタリア料理

ニョッキとソースの絶妙なハーモニー♪

サツマイモのニョッキ 黒胡椒風味のトマトソース  (1食分¥650~)
a0029534_15242162.jpg
 
「ニョッキとは?」 
小麦粉にジャガイモ・カボチャなどを加えて作る団子状のパスタ。

へえ~、ニョッキも「パスタ」と呼ぶんですねー。
そりゃそうか。パスタと呼ぶにはちょっと違和感があるけれど、確かにラザニアやラビオリなんかもパスタの仲間だもんねぇ。

↓  ↓  ↓
南北に長いイタリアでは温かい南部では小麦のみから作るパスタが発達。そして寒い北部では、ジャガイモをベースにした「パスタ」が作られた。北部は、日本の北海道と同じく、ジャガイモの一台生産地なのである。ここで「パスタ」とかぎ括弧でくくったのは、小麦粉があくまでもつなぎとして使われているということ。主役はジャガイモなのである。あるいはカボチャが使われることもある。

なるほど!!納得納得。 

ニョッキ(Gnocchi) という名前の由来を調べてみると、、、
その形から、イタリア語の「こぶ」だとか、「(木の)節目」を意味するドイツ語から来ている、だとか色々な説が出てきた。

前置きが長くなりましたが(^^ゞ
私は大のニョッキ好きです(^^)
ほのかに甘みがあって、もちもちしていて、どこかで出会ったときから好物になりました。
でも、普段行くイタリアンレストランで(特にランチ時)食べられるお店ってめったにないんですよね…(悲)。
そういう訳で、生パスタ専門のWEB SHOP “イルホウレンソウ” でバースデー特典(送料無料!!)を使い、オーダーしてみました。
ここは前回のパスタが気に入り、リピーターになっています(^^)b

で、 私の食べたニョッキは、、、
トマトソースがめちゃめちゃうまいんですっ!!!
なんでこんなにおいしいの???
ソースだけでもどんどん食べられちゃう。後ひくんだなぁ。
それがまたニョッキの甘さといい感じにマッチしております。

【お店の説明】→トマトソースに、イタリアンパセリを入れ、黒コショウの味を充分に効かせただけの、本当にシンプルなソース。
だそうです。
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-10-15 12:50 | イタリア料理