カテゴリ:CAFE( 89 )

『気持ちよく、ていねいに』 

a0029534_10492583.jpg

廣瀬裕子さんのエッセイ。
こんな風に過ごしたいな・・・
彼女のライフスタイル、感じていること全てに共感する。

「この本には私の暮らし、思うこと、したいことが、
つまっています。
家について、ものについて、気持ちのいい人たちについて、
好きな場所について。
ページから、なにかが伝われば、うれしいです。
時間があれば、お茶でもいれて読んでください。
わたしだったらソイミルクいりのコーヒーかな。
そんな気分です。」
 

まえがきより一部抜粋
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-12-06 17:28 | CAFE

イギリスのクリスマス

大手町のカフェで行われた紅茶教室に参加。
テーマは「クリスマス」。
a0029534_10192274.jpg

赤と緑のクリスマスカラーのコーディネートで気分が盛り上がります♪

【講座内容】
①ミルクティーの淹れ方
  ミルクティー・・・ロイヤルミルクティー(日本独自の呼び方)、チャイ(インドの呼び方)

②アレンジティーの紹介
  ワインやシャンパンを使ったティーカクテル、ジャムや果物を使ったフルーツティーなど。
a0029534_10294197.jpg

③クリスマスについてのお話
  ヨーロッパではクリスマスの4週間前の日曜日から準備期間に入り、
  翌年1月6日までクリスマスが続くという。
a0029534_1030620.jpg

  イギリス家庭でクリスマスに食べられるクリスマスプディングについて。
  クリスマス・キャロルのお話など。

③TEA&FOOD試食
a0029534_10303649.jpga0029534_10305516.jpg
  








  
  ●クリスマスティー・・・オリジナルフレーバーティー
  ●黒蜜のロイヤルミルクティー
  ●林檎のスコーン
  ●クリスマスプディング・・・ドライフルーツたっぷりのケーキ
  ●サーモンプディング・・・キッシュみたいで美味!

紅茶のおいしさや本場のクリスマス気分を満喫できた内容でした☆
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-11-28 22:06 | CAFE

携帯カメラ日記 『りんこ日記』

すごくいいな。。。
率直に感じました。

写真家、川内倫子さんによる
携帯電話のカメラで撮った毎日1枚の写真と、その日の日記。

WEB上に載せられていたものが、本として出版されました。
本で見た方が、よりいいなって思った。
写真の場合は特に、WEB上と紙で刷られたものって全く別物。

毎日何かしら書くのって大変な事だけれど、
(特別な出来事がある方が少ないから・・・)
『りんこ日記』の中には写真と1行の文章だけで成り立っている日(ページ)もある。
そういうの全然あり!
毎日書くっていうのが日々生きている証というか…
(毎日ひとつ幸せを見つけようって言うじゃない)
読んでいても面白いしね。
私も“何気ない1枚の写真×日記”スタイル、
参考にしたい。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-11-27 22:56 | CAFE

ジンジャーブレッド ラテ

a0029534_10564731.jpg


クリスマスカラーのカップがかわいい☆
期間限定の「ジンジャーブレッド ラテ」
飲んでみた。

おいしーじゃん!
ほっとする、やさしい味。
身もココロもぽっかぽかになれたのでした。

(*^^*)
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-11-22 09:52 | CAFE

『ヨーロッパのお茶の時間』

a0029534_2245820.jpg
【まえがきより】
イギリスにはじまりイタリアまでの7つの国について、
お茶まわりのダイアリー、撮りためた写真、飲みものやお菓子にまつわる話、
その国風のテーブルコーディネートなど、
各国の個性が少しずつイメージできるようにという思いをこめて仕上げました。


こういう本欲しかった~!

著者はフランス在住の料理研究家、山本ゆりこさん。
思わず「かわいい~!」と抱きしめたくなるような、
素敵な本ばかり。

本書は、ヨーロッパ各国のコーヒー&お茶事情、カフェやお菓子、カップやお皿、テーブルクロス等の雑貨類にいたるまで、写真とともに楽しめる。
7つの国とは、イギリス、オランダ、ドイツ、ベルギー、フランス、スペイン、イタリア。
比較するのも面白い☆


a0029534_2210385.jpg
ベルギーの土産菓子NO.1の
SPECULOOS(スペキュロス)を添えて。
シナモン、ジンジャー、グローブ、カルダモンなどのスパイスを焼きこんだ香ばしいお菓子。





a0029534_22153949.jpg


オランダ人はコーヒーに始まりコーヒーに終わる。
1日1リットルくらいのコーヒーをいただくとか?!
キャラメルワッフルはオランダ土産NO.1のお菓子。
他のヨーロッパの国よりもいち早くコーヒーを輸入し始めた。
江戸時代の終わりに、日本にコーヒーやハーブティーを紹介したのもオランダ人!

続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-10-28 21:48 | CAFE

散歩写真のススメ

私の撮りたいもの、
That 's “散歩写真”。

“散歩写真”とは、スローフォットライフである。
肩肘張らずに、気軽にスローに撮るスタイル。

写真とは、身近の日常的断面を切り取り、自分のまなざしを残す行為である。

散歩という世界は深く、写真という世界もまた、それはそれは奥深い。きっと毎日が違って見えてくる。日常生活や路上にヒントはある。


a0029534_21332433.jpg
『散歩写真のすすめ』
樋口聡 文藝春秋 (2005/07)




写真を撮るということ。
昔は旅行に出かけたり、特別なときに撮るものだった。
ところが、ブログを書くようになって、写真を撮る行為はもはや日常的になり、
撮る対象も人物から、街や風景、モノへと変わっていった。

写真を撮りたくなる瞬間がある。
“それは、意外といい写真を見たときであったりもする。
こんな風に撮ってみたいとインスパイアされたり、
ゆくゆくはこんな写真集をまとめてみたいとモチベーションが高まる。”

本に書かれていたこと、まさにその通り!
人の写真を見ることで、いろんな視点や豊かな感性に触れ、刺激を受けるのだ。

ようやく、写真の本当の魅力に気付き始めた感じがする。

この瞬間とか、一期一会とか、臨場感とか、
そのときにしか、その人にしか写せないものが写真にはある。

この世でたった1枚の写真を私は撮りたい。
チャンスは“散歩写真”に転がっている。

というわけで…カメラを持って散歩に出よう!!
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-10-12 20:43 | CAFE

鎌倉で和スイーツ



甘味処「雲母(きらら)」にて。
宇治白玉あんみつを食べました。
a0029534_1281984.jpg

ここの白玉は普通の1、5~2倍くらい大きい!
作りたてで、もっちもち
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-10-07 12:05 | CAFE

Romi-Unie Confiture

a0029534_15331137.jpg
“お菓子みたいなジャム”をコンセプトに、常時30種類のジャムが店頭に並ぶ。
これだけ種類が多いと、あれもこれもと気になってしまう。
どんな味なんだろう?どんな香りなんだろう?
想像にも限界があるよぉぉぉ(^ ^;

やはりってことで、選んだのがコレ。
P‐B‐S「かぼちゃと発酵バターとゲランドの塩」
トーストにつけて食べてみよ~♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-10-07 11:13 | CAFE

旅とカフェ

a0029534_918124.jpg
北海道から沖縄まで、全国71軒のカフェをおさめた
カフェの扉を開ける100の理由
著者はカフェマニアの川口葉子さん。さすが、中身が濃い。

旅とカフェは切っても切れないもの。 
出だしの第一章で述べられている。
「カフェをしている人間で、旅のきらいなひとはいないんじゃないかな。カフェも旅も、自由になるためのツールだと思ってます」そう語るのは那須でカフェを営む菊地さん。
確かに、自身のカフェに旅の記憶を反映させている人がとても多い。

心地よく、気持ちが穏やか《PEACE》になれる最高のカフェ本でした。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-08-31 14:17 | CAFE

夏ドラとカフェ

今シーズンの連続ドラマで、最高にヒットしたのが
「結婚できない男」!
むちゃくちゃ面白い!
40男がひとり、屋上で花火鑑賞、ビアガーデン、金魚すくい・・・
端から見ていても、ちょっとむなしい。普通独りでやるか?!
阿部寛がハマり役。彼が演じることで、よりおもしろおかしくなっていると思う。
余談。彼は中大理工学部出身だとか。親しみがわく(笑)。

第6話で登場した『A to Z CAFE』。
ここ、青山に店名そのまま、実在するカフェなのです。

たまたま見つけたのですが、かなり穴場☆
5階の店内からは見晴らしが良く、窓からは光が差し込んで明るくい。
「偶然」「最高の場所」「自分だけが知っているような」
こんな要素が重なったカフェ。
しあわせ♪♪♪
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-08-24 23:19 | CAFE