カテゴリ:BOOKS( 23 )

『恋愛と結婚の黄金ルール』

■女性は、愛されるよりも、愛することで幸せを感じる生き物。

■人を愛するためには、まず自分を大好きになること。
             ⇒鏡に向かって自分をほめ、「私は美人」と繰り返す。

■恋は、必ずしも愛に変わるとはかぎりません。
激しくときめく恋は経なくても、愛が生まれることはあります。

■結婚に執着しないでいい恋をする人が幸せになれる。

■恋をして美しくなる。
      ⇒恋はアンチエイジングの妙薬。想像の恋にもホンモノの恋と同じ効果あり。

■女性はいつでもときめいていなければダメ。結婚しても、恋・ときめきは必要。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-09-25 14:48 | BOOKS

『きっとうまくいく魔法の言葉』

『道は開ける』の著者デール・カーネギーの言葉より、
自分に言い聞かせたい“言葉”を残しておこうと思います☆


「自分が他人と違うからといって、一瞬にもせよ悲観することはない。
                          あなたはこの世の新しい存在なのだ。」

「他人に対して善を行なうとき、人間は自己に対して最善を行なっている。」


「運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう。」
                                ※レモン=不良品           

「過去は墓場に葬ろう。」
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-09-25 12:58 | BOOKS

“省三さんとカフェ”

『くいしんぼう』高橋みどり
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-09-24 14:54 | BOOKS

「東京タワーが見える店100」 

汐留にて。東京タワー by LEGO
a0029534_1904747.jpg
雑誌ブルータスの別冊付録になっていました。
まさに私の求めていたテーマで即買い!

夜景の見える店が好きな理由―

Comfortable × Beautiful × Delicious
ロケーションのいい場所で、美しいものを目の前にして、美味しいものを食べる。
この上なく最高なこと!!

海が見えるレストラン、緑に囲まれたオープンテラス・・・
窓際のカウンター席(ひとりのとき)は大好きっっ☆

やっぱり私が求めているのは、「心地いい」場所、「非日常」な空間。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-08-26 23:27 | BOOKS

「スープで、いきます」

a0029534_21381962.jpg

「スープで腹一杯になるのか」 「夏はどうなんだ」 「価格が高すぎる」 
猛烈な反対にあいながらスープ専門店を立ち上げ、
三菱商事初の“社内ベンチャー制度”で会社を作り、
サラリーマンのまま社長になった―。
一社員のひらめきから始まったスープ・プロジェクト。(紹介文より)


著者は「Soup Stock Tokyo」を運営する(株)スマイルズ代表取締役会長・遠山正道氏。

理想の会社だ。
これぞ経営マネージメントのバイブル?

慶応OB、アーティスト・・・
遠山氏はセンスある人に思えた。
お店作りにもそれが反映されているし、
なんだかやることがカッコイイんですよね。

テンポよく読みやすかった。
ビジネス書というカタイ読みものではなく、
今や30数店舗ある「スープストック」ができるまでの、苦労と感動のストーリー。
「Soup Stock Tokyo」がどんなお店であるのか、これを機に知ることが出来た。

以前のブログで書いたように、時々ランチで利用させてもらっている。
スープ大好き!な私は感謝したい。
「女性一人でも入れる、からだにいい無添加スープのお店」を作ってくれたことを。
Soup Stock ファンの人は、もっとここのスープ、お店が好きになるかもしれない。
まだ味わったことのない人も、本を読んで一度お店に足を運んでみてほしい。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-08-07 20:36 | BOOKS

『ブログ進化論』

a0029534_22272428.jpg
2005年「新語・流行語大賞」のトップ10にも選ばれた『ブログ』。

何故ブログは流行ったのか?


「ブログ=日記」
日記がブームになった。



というよりは、
①誰もが簡単にインターネットで発信することが出来るようになった。(技術面)
②日記形式が、気軽に「私でも始められそう」という気持ちにさせてくれた。(メンタル面)

という2つの要因から、ブログ利用者の増大につながった。 と見られている。

ブログ歴2年になる私ですが、ブログを始める以前はホームページを作っていた。
ホームーページビルダー(ソフト)を利用したので、ブログと同じようにフォームが出来ていて、文章や写真を入れるだけではあったけれど、、、
現在のブログに比べたら、デザインやレイアウトを自分で整える必要が多少あったし、
更新に手間がかかった。。。
今や、そんな難しい技術や手間は払拭され、ウェブに苦手意識があった女性たちがこの世界に参入。莫大にネット人口およびブログ人口が増えたということです( ^∀゚)b

***********************************************************
参考になりそうなもの φ(.. )

自分にとって面白いブログを見つけるコツ。
好きなブログの“お気に入り”を見る。
→感性・趣味の似ているものが多いはず。
ランキングサイトはあまり当てにならない、との記述も。

***********************************************************
さいごに

いろいろな読者レビュー(感想)でも書かれていたけれど、
「未来の、これからのブログ」という発展的な内容よりは、
「ブログとは?」という、ブログ初心者にも分かりやすい内容。
ベテランブロガーにとっては、ブログを振り返るのに役に立つかもしれない。
『ブログ進化論』というタイトルは、ちょっと大げさかもしれないけれど、、、
一読してみる価値はあるのでは。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-07-14 21:16 | BOOKS

「リトルプレスの楽しみ」

a0029534_1435187.jpg柳沢小実 (出版/ピエ・ブックス)

「リトルプレス」とは、
大手の流通を通さずに個人で発行・販売している本のこと。
自由に作られた個性豊かな本たちが紹介されています。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-02-06 22:29 | BOOKS

ドキドキハラハラ (p^◇^q)

a0029534_1973247.jpg
『変身』  東野圭吾(1994年初版)

【ストーリー】
平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。
そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。
それまで画家を夢見て優しい恋人を愛していた純一は、
手術後徐々に性格が変わってくのを、自分ではどうしようもない。
自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された脳の持主(ドナー)の正体を突き止める。



サスペンスもの、たまらないっすね~~~!!
夢中で読んでしまう、どんどんページがめくられていく、一種の快感(笑)。

映画のシーンを頭の片隅で思い浮かべつつ。。。
原作の方はより事細かに描かれていると思われますが、
「どうなっていくんだろう?!」というスリルを味わいながら、
映画にはない部分も楽しみだったり♪

一気に読破してしまいたい衝動に駆られてますっっっ。 
ε=ε=ε=ε=┏( ・∀・)┛
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-12-03 18:27 | BOOKS

心地よいエッセイ♪

天然日和(2) 旅と小鳥と金木犀

a0029534_212632.jpg著者は女優の石田ゆり子さん。
ゆり子さんといえば・・・“透明感と清潔感のある”女性というイメージ。
エッセイでは、そのままのゆり子さんらしさも出ていたけれど、
テレビでは見ることのできない、意外な一面や素顔を知ることができた。

だから、、、タレントさんの書いたエッセイって面白い。
プライベートに興味があるというよりも、
一人間としての彼/彼女そのものが見えてくるから。
そうして印象も変わってきたりします。

「あしたも良い日でありますように。」
「おやすみなさい、良い夢を。」 

常に日記の最後に書かれている一節。
日々を大切にしているんだなぁというのが感じられた。
温かくてホッとする、心地よい気分になれる一冊です。

WEBでも本の内容(過去の日記)を見ることできる。
写真もきれいで、見ごたえありです。
本の方にもWEBのような写真が入っていたら、なおGOODだったと思います☆
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-11-08 23:20 | BOOKS

グルメ・セレブリティーズ

大谷 浩己  ぴあ(2005/09出版)
a0029534_10491586.jpg
グルメ界に一石を投じた料理人列伝!!
中野坂上の奇跡と呼ばれた、たった5席の鮨店主、元不良が始めた予約の取れないフレンチ、シラク大統領も絶賛した日本料理の革命児…。
今、日本のグルメ界を席巻する30人の料理人たちが赤裸々に語る、夢と苦悩、成功の日々。
「料理をカルチャーという視点で捉えて、料理にかかわる人のストーリーを…」という事で始まったちょっと辛口の料理論をレストランのガイドブックとして読んでみるのもよし、一つのサクセスストーリーとしても面白い一冊。

(紹介文より抜粋)
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-11-08 23:02 | BOOKS