カテゴリ:BOOKS( 23 )

杉浦さやか 旅エッセイ

『週末ジャパンツアー』

杉浦さやかの旅手帖シリーズ 待望の第3弾 日本編!
こけしまつりでフィーバー、琴電に乗ってうどんめぐり、大人の京都に乾杯し、出雲大社で神だのみ、郡上の徹夜踊りに酔いしれて、蒸して蒸されて九州温泉レトロ旅。さやか印の懐かしい手づくりジャパンツアー!

つれづれダイタリー (シティリビング)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-12-20 19:17 | BOOKS

『散歩の達人』

a0029534_18452950.jpg
このタイトル、使いたいな~
ナイスなタイトルなもんで。

内容も濃い。
マニアック。

西荻窪のjua cafeで拝借。
立ち読みをする
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-11-04 15:43 | BOOKS

共感!!!

私は割と、ブランドというものが苦手なたちなのです。
・・・(中略)
誰もが知っているブランド観光地へは、何となく足が向かない。
対して、「えー、そんな場所知らない。どこにあるの?」と
言われるような場所に行くと、悦に入る。


『甘党流れ旅』 酒井順子著より
  取り寄せできない味もある。
  目指すは47都道府県甘味制覇!
日本全国津々浦々の甘味を求め歩いた旅エッセイ。
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-11-02 21:20 | BOOKS

『騙される脳 ~ブームはこうして発生する~』

納得!の1冊でした。
私たちの消費行動やブームは情報に操られているものだと常々感じる。

●一大ブームが起きる理由
キーワード=自慢→クチコミ
快楽→脳内物質ドーパミンの分泌

●クリスピー・クリーム・ドーナツに行列ができる理由
店の戦略 “1号店マジック”
人より早く手に入れることができた、1時間以上並んで手に入れた=達成感・満足感
→自慢、話のネタ →ブログやSNSへの書き込み →クチコミ
→行列を作らせ、話題になれば効果大!
行列が行列を呼ぶ。マスコミも取り上げないわけがない。

●ベストセラーとクチコミの関係
ベストセラーの3要素
「予想外のことが起きる」「新しいこと」「予想していたことが実現される」

予想外のことが起きたとき→ドーパミンが最も分泌される!
快感の記憶があるからこそ、もう一度その感覚を得たいと努力する。
いくら美味しいものでも飽きがきてしまうとドーパミンは出なくなる
→新しいモノ、行動へ

「読む」ということだけでなく、「読んだ内容を人に伝える快感」こそクチコミのパワー

●脳はブランドに騙されている
ルイ・ヴィトンは何がいいのか?

*都合よく騙されない方法*
独自に自分の価値観を持つこと!
他者に左右されず、自分の興味あることに正直に。自分の本当の楽しみを追求する。

■『騙される脳 ~ブームはこうして発生する~
米山公啓 扶桑社新書 (07年8月出版)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-10-15 23:21 | BOOKS

なぜ書くのか?

自分がいいと思うものを人に伝えたい。
こんな面白い映画があるのに誰も気付いていない。
人は褒めてめているけど自分はすこしもいいとは思わない。
という衝動・・・

『書いて稼ぐ』 マガジンハウス より
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-08-22 12:49 | BOOKS

「感性」のマーケティング

人の行動からビジネスの現象を見る。
人が行動して初めて売上げが生まれる。


●この商品をどう売ろうかではなく、
    どうすればお客さんに買うという行動をしてもらえるか。

●行動の背景にあるものが「感性」。
    心理的な快をもたらす源泉―それが感性。

●マスターサービス
    →「あなたの人生はより豊かになる」「こんなふうに良くなりますよ」
     新たな目的・ビジョンを提示し、買ってみようと行動するための手助けが必要。

●サービスを利用し続けてもらうように、生活にて定置させなければいけない。

「感性」のマーケティング
小阪 裕司著 PHP研究所 (2006/11)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-07-24 17:03 | BOOKS

『IDEA HACKS!今日スグ役立つ仕事のコツと習慣』

              【本の内容】a0029534_2053276.jpg
米国シリコンバレーでブームとなっている『Life Hacks』(効率よく仕事をこなし、高い生産性を上げ、人生のクオリティを向上させようとする取り組み)の日本版企画。
『Life Hacks』は、こんがらがった生活(ライフ)を簡単に解決(ハック)するという意味。
「スピーディに、楽して、効率よく」仕事をこなすノウハウを、Tips(小ネタ)形式で紹介。

Amazonより)

こういうビジネス書、けっこう好きなんだなぁ。
特に本書は、読みやすく書かれていて面白かった。わかりやすい実例が◎でしたね。

■ケータイのストラップにペンをつける
アイデアとの出会いを大切にする人は、メモをとることを躊躇しない。

→実践済み!ペンはいつも持ち歩き、頭に浮かんだことは即メモる習慣をつけています。
ケータイにそのままメモるっていうのもありですが、文章のときは書いた方が早いかも。

■オフィスで茶会を開く
食事をするとき、五感を最も刺激される。
つまり、感覚を刺激されて創造的になっている。 コーヒーの香りも効果あり。

→確かに。視覚、味覚、嗅覚、聴覚、食感・・・これほど多様な感覚が刺激されることって
食べるときぐらい。改めて、五感を使って食べることって素晴らしい!!

『IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣』
原尻 淳一 、小山 龍介 (著)
東洋経済新報社 (出版 2006/07)

[PR]
by cafe-lover79 | 2007-07-16 20:19 | BOOKS

『コメント力』

a0029534_11284469.jpg
コメント力 ─ 「できる人」はここがちがう
齋藤 孝 著 (ちくま文庫 2007/06)

職場でもプライベートでも、毎日のようにコメントをすることが求められている。そんな時、切れ味がよく、自分のオリジナリティのある一言を言えるかどうかで、「おもしろい人」「できる人」だ、という評価が決まってしまうのである。(本書より)



ひと言で「なるほど!」と思わせるような、見方が鋭い、本質をついた言葉を発する必要がある。

コメント力を鍛えるには・・・
料理、味についてのコメントが役立つ。
「おいしい」という言葉を使わずに味を表現する。

決め台詞を使うのもよし。
【例】 「おいしゅうございました。」 「まいうー!」 「~なのだ。」

この上ない素晴らしさを表現するには・・・
【例】 「ファンタスティック!!」 (奇妙なものにも使える) 
    「エクセレント!!」 「目からうろこ!!」 「今日ほど~はない!!」

普段からブログを書いている私にとって、参考になるものばかりでした。
どんな表現をしたら面白いのか、伝わるのか。
今後の課題ですっ☆ “〆( ̄ ~ ̄*)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-07-02 11:26 | BOOKS

今日の読書・・・シブイです f(^^;

平日のお休みは、ブックカフェでの読書タイム♪
近年ベストセラーになるほど売れゆきのいい新書。けっこう面白いんですよね。(≧ω≦)

■すぐに稼げる文章術 日垣 隆
冬幻舎新書 (2006/11)

「なるほど」と言わせるものを書くためには、観察力が必要です。

文章がおもしろいということは、ひとことで言えば意外性があるということ。

読者を中毒にするブログ...などなど。

■ウケる技術 水野 敬也、小林 昌平、山本 周嗣
新潮社文庫 (2007/03)

相手を笑わせること。
それはビジネスや恋愛を成功に導く非常に重要な戦術です。


笑えるコミュニケーションの教科書。
とりあえず、ツッコミ、ツッコミ、ツッコミ、、、ツッコミ連発
o(*゚ペ)==○))))☆★☆アチャチャチャチャー (>д<;)オヨヨヨー 
↑この本のイメージ。
まわりにツッコミのうまい人とかユーモアな人がいたら楽しいと思うけれど、
これだけやったら引くでしょう・・・というくらい強烈な攻撃。ほどほどにね(^~^; 
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-05-09 22:20 | BOOKS

オープンカフェの季節♪

a0029534_2305998.gif
今週発売されたOZマガジンの特集は、「青山・表参道」。

思わず購入しました☆
というのも、すてきなオープンテラスのあるカフェやレストランが色々載っていたから。
青山・表参道にはこんなにあるんですね~。居心地良さそうな場所が♪
保存版です!!

お天気のいい日に出かけてみたいです(^^)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-03-16 23:00 | BOOKS