カテゴリ:世界各国のグルメ( 34 )

銀座でポルトガル料理 「ヴィラモウラ」

昨年、銀座にオープンして早々チェックしていたお店、「ヴィラモウラ」。
チーズアカデミーの旧友を誘って行ってきました♪
全員(4名)そこそこ飲める口なので、たらふく飲んだ!食べた!

a0029534_12241598.jpg■タラとジャガイモのコロッケ ⇒写真
ポルトガル料理の定番的メニュー。
クリーミーでやわらか。

■小魚と野菜の南蛮漬け エスカベッシュ

■コリアンダーとパルミジャーノチーズのサラダ

■チーズ盛り合わせ (3種)

a0029534_12251973.jpg


■イワシのガーリックオイル焼き レモン添え
これは時価だそうです。(本日1ヶ¥680)
お店の人の説明よりも若干大きかった。
シンプルにおいしいです☆

a0029534_122999.jpg

■魚介のカタプラーナ
ワタリガニ、アサリ、ヤリイカ、エビ、タコ・・・
海の幸いっぱい。
トマトベースのスープ+魚介のダシが
最高にマッチング!
残ったスープでリゾットを作ってもらいます。
なんてったって、このリゾット(雑炊)こそ
鍋の醍醐味♪


a0029534_1256269.jpg

■ポンテケージョ(チーズパン)

満場一致でまいう~!!
ちまたのパン屋さんでもお馴染み、通称「もちもちパン」。
その名の通り、もっちもちの食感が特徴。
けれど、ここのはホント美味しい。熱々ほやほやがいいみたい。(*^^*)


ここで、疑問が。何故「もちもち」の食感になるの???

続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 23:30 | 世界各国のグルメ

ポートワインに目覚める!

a0029534_1521344.jpg
「ヴィラモウラ」その2。
ポルトガルのワインはすごく飲みやすい。 
w(・0・)w
料理があっさりしているから、ワインも軽くて、
ガブガブいっちゃいそうな勢いでした(笑)。
白ボトル[2種]オーダー

そして、ポルトガルといったらポートワイン♪
・・・っていうか私、ポートワインを飲んだ記憶がない。うん、きっと飲んだことがないっ。
ポートワインとは?


↑ ポートワイン4種の飲み比べにチャレンジ☆
こんなに甘かったんだぁぁぁ!もう食後のデザートですね。
アルコールは効いてるけど(20%)、とってもフルーティーで・・・
これはハマる!
a0029534_15294349.jpg

最後、私の生まれた年の「1979年」を追加オーダー。
親近感が湧いちゃいますね(^^)
そんなわけで、同級生の私から「いただきまーす!」
ひとくち飲んだ感想は・・・
「美味しぃ!イイ感じっ!!」
スイマセン、うまく表現できなくて・・・(汗)
とにかくイイ感じだったんです(笑)。
前の4種よりも落ち着いた味と芳醇な香りが
印象強く残りました☆
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 14:54 | 世界各国のグルメ

ポルトガルのお菓子編

「ヴィラモウラ」その3。食後のデザートです。
a0029534_1495485.jpg
■エッグタルト
ひと昔前(1999年ごろ)日本でブームになりました。
もともとポルトガルのお菓子で、ポルトガル領マカオに製法が伝わり、香港、台湾へ、
そして日本にも広まったようです。
アンドリューのエッグタルト


■ポルトガルプリン
味見させてもらったら、とってもおいしかったぁぁ~(^0^)
しっかりした濃厚なプリン。
つっこんでしまうと、どこがポルトガルなんじゃ~??
スペインもモロッコも似たようなプリンがありました、はい。

<ポルトガル菓子 関連サイト>
ポルトガルのお菓子と飲み物(かわいいイラスト) 
パォン・デ・ロー(スイーツ図鑑より)

<これ知っとこ!カステラの由来>
ポルトガルに「カステラ」と呼ばれるお菓子は実在しない。これに似たスポンジケーキは、ポルトガルではパン・デ・ロー、スペインではビスコチョと呼ばれている。日本でカステラと呼ばれるようになったのは、カステーリャ(スペイン)のお菓子だから?

日本とポルトガルの深~いつながりをあらためて実感。
日本人が直接接した初のヨーロッパ人、ヨーロッパ言語。そういうわけもあって、
ポルトガル語が元になった日本語はたんとあるんです。。。詳しくは「ヴィラモウラ」へGO!
※ポルトガル語 tanto(たんと)=とっても
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 13:14 | 世界各国のグルメ

チーズフォンデュを食べる会

a0029534_2043133.jpg
旧チーズアカデミーメンバーのお食事会。
スイスシャレーミニにやってきました。
ぴりきょん、水上さん、今回はぴりきょんのダーリンもご一緒に(^^)


a0029534_2015284.jpg
西日暮里駅から歩いて5分。
こんな所に・・・!!
初めて来たら、誰もが驚くはず。
スイスの国旗が目印です☆

a0029534_2082966.jpg





じゃーん!!

ログハウスが出現。
これぞ西日暮里のスイスです。 ⇒⇒⇒⇒⇒




a0029534_2018984.jpg
前菜。
マットからプレートやカップ・・・あらゆる所にウシ・ウシ・ウシ。
まさにモーモーパラダイスです!!!
次に出てきたサラダでも、人参がウシの顔の形にカットされているの。
すごいこだわりでしょ w(・Д・)w

フォンデュ鍋たっぷりにとろとろチーズが運ばれてきましたぁーーー!!
優しい笑顔が印象的なスイス人のオーナーが、親切に食べ方を教えてくれます。
チーズをからませたら胡椒をつけて、ワインを飲みながら食べるといいそう。
珍しいスイスワイン(白)のボトルを注文。
すごく飲みやすかった☆

チーズがなくなったら、おこげを作ってくれます。
香ばし~。粉々になったスナックみたい。

最後はショーケースから好きなデザートを選びます。
カボチャタルト、キャラメルフラン。。。

コーヒーorティー。
以上、チーズフォンデュコース(¥3500)でした☆
※2日前までに要予約。
a0029534_2042144.jpg
a0029534_20423937.jpg
クリスマスのオーナメントが店内の至る所に飾られていたり、
お庭にもメルヘンちっくなおとぎの世界が造られていたり、
とにかく「かわい~!!!」の連発(笑)。

加えて、また来たいな♪と思わせてくれるオーナーの人柄の良さ。
本場スイスの雰囲気や味を堪能でき、ハッピーな気分にさせてくれるお店です(^▽^)
スイスシャレーミニ HP
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-12-16 19:55 | 世界各国のグルメ

『洗面器でヤギごはん』 石田ゆうすけ

7年と4か月かけて世界一周旅行を成し遂げ、2002年末に帰国。
なんと・・・自転車で!!

その旅で出会った食べもの、人々について綴った紀行エッセイ。
世界にはどんな人がいて、どんな食べものがあり、どんなにおいがするのか。
非常に興味深いこと。とても知りたいこと。

「石田ゆうすけ」という人は、本当に本当に・・・すごい人
好奇心、体力、語学力、社交的、忍耐。。。彼は全てを備え持っているように思えた。
どんな国へ行っても、もちろん英語が通じなくても、
ちゃんと「会話」ができているって・・・私にとってはアンビリーバブル!

本に出てきた国々と、そこの名物&印象的な食べ物をご紹介。



続きを読む
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-12-11 17:37 | 世界各国のグルメ

フィンランドカフェ 2006

毎年秋に開催されているフィンランドカフェ
今年は中目黒から会場を移して赤坂アークヒルズへ。
いつも行きそびれていたのですが、今年はギリギリ滑り込みました!(12/2終了)

お目当てはカフェのランチ☆
メニューは2種類(¥1,500)。

食器やインテリアもシンプル&キュート。
北欧スタイルはまさに私の理想とするライフスタイル。
a0029534_10492625.jpg

               ミートローフ きのこクリームソース
                ヘルシンキマーケットのサーモンスープ


ミートローフはやわらかくて美味(*^0^*)
ティータイムのあつあつタルトやマフィンも、とっても美味しそうでした☆

With style 北欧専門サイト

フィンツアー 北欧専門の旅行会社
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-11-29 23:37 | 世界各国のグルメ

神楽坂のスペインバル 

かなり前から行きたい行きたい!と思っていたスペインバル。
今回は数ある中でも口コミ評価のよかった『El Camino』へ。
期待して訪れました♪

【オーダーした料理】
■本日のサラダ

■小いわしのビナグレッタ 
マリネといったかんじ。
a0029534_22355676.jpg

■ジャガイモのトルティージャ  ※日替わり
「トルティージャ」とはスペイン風オムレツ。
ところが、オムレツというよりはジャガイモ焼き?
ジャガイモのほのかな甘さが美味☆
a0029534_22345981.jpg

■マッシュルームのセゴビア風 
マッシュルームがジューシぃー。ガーリックオイルはパンにつけていただきます。
a0029534_22351710.jpg

■豚肩肉のシェリー酒煮
とろっとろ。香りがいい。
a0029534_22354143.jpg


お兄さんがとても親切で、一通り料理の説明をしてくれた(o^ -')b
トイレを要チェック☆
スペインチーズのポスター。
それと、パッチワークのようにスペインの写真が貼られていて。
私もこんなふうに飾りたいなぁ~と思っちゃった(≧▽≦)

スペイン料理といったら、やっぱりパエリア。
こちらのお店でメニューにあるのは“炊き込みごはん”。
今度はおなかをすかせて、ぜひ食べてみたい♪

まだまだスペインバル熱は冷めそうにありません!!

⇒スペイン料理紹介サイト
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-09-10 21:54 | 世界各国のグルメ

東京タワーが見える店 ~六本木ヒルズ~

a0029534_19414135.jpg
近頃、妙に東京タワーを眺めるのが好きでたまらない私。
※リリーフランキーの『東京タワー』はまだ読んでいません。

この日は六本木ヒルズでセミナーがあるため、その前にランチをとる。
天気もいいし、オープンテラスで食べたい気分♪

BALI CAFE PUTRIへ。
テラスからは真正面に東京タワー!!
いい感じ☆
夜もゼッタイおすすめ。

日替わりバリ料理6種とナシゴレンのがワンプレートに盛られた「プトゥリ・ランチ」を注文。
どれもピリリっ 甘さの中にもピリリっ
不味いわけじゃないけど、おいしいかと言われると ???
口の中はスパイシぃー充満なんだもん (>_<)ぅぅぅ
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-09-03 19:25 | 世界各国のグルメ

エチオピア大使館訪問

「エチオピア」という国の知られざる魅力を教えていただいた。

今まで、エチオピアについて知っていることはほとんどなかった。
だから、どんな国なのかちょっとでも知ってみたいと思ったのです☆

今回新たな情報を得て、
エチオピアに行ってみたい度(5点満点)が
0点⇒★★☆☆☆(2点)
このくらいに上がったかな(笑)

評価の上がったポイントとしては、
●バンコク経由の場合、バンコクから8時間で行けるということ
●素晴らしい歴史的世界遺産と大自然の存在


≪ビデオ鑑賞&観光名所や文化の説明≫
●エチオピアのコーヒー
エチオピアは、コーヒー発祥の地。
「コーヒー」という名称もエチオピア西部の「カファ」という地名に由来している。
ちなみにコーヒーの種類は「モカ」にあたる。

●80以上の民族が共存
驚愕の民族⇒独特な髪型のハマル族、女性が唇に陶器の皿をはめ込むムルシ族など

●1年が13ヶ月
私たちの使っている暦とは異なる。(1ヶ月を30日としているため)
そんなわけで、今現在1998年とか?エチオピアは21世紀になっていないそうです。
これはビックリ!!


≪エチオピア料理の昼食≫
a0029534_15182882.jpg主食はインジェラと呼ばれるクレープのようなもの。
それに豆類やスパイシーな煮込みを包んで食べる。

●インジェラ
テフ(アワ科の穀物)の粉が原料。酸味がある。
クレープというより生地はもっちりして、見た目はそば粉のパンケーキ。

エチオピア料理について

正直、エチオピアの料理はあまり期待できないかもしれませんが、、、
(コーヒーは美味しい!!)
興味のある方は一度体験してみてください☆

■エチオピア料理店 クィーン・シーバ(中目黒)


≪コーヒーセレモニー≫
コーヒー発祥の地ならでは、家庭で日常的に行われているもの。
a0029534_15194661.jpg

a0029534_1537724.jpg①生豆を洗う 
②焼く 
③木製の臼で粉状にする 
④ジュベナ(ポット)で粉を煮る
⑤粉が底に沈むまで待つ 
⑥デミタスカップに注ぐ

もっと詳しく!!⇒コーヒー・セレモニー 


a0029534_15385669.jpga0029534_1521275.jpg 
ティーカップのようなカップがカワイイ☆
手作りされているカゴもひとつふたつ欲しい!

【大使館訪問にあたって】
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-02-18 23:41 | 世界各国のグルメ

モロッコ料理で忘年会

念願叶いましたっ!!!   

・・・大げさ過ぎ?
ウマイもの大好きメンバーを召集し、以前から気になっていた
神楽坂のモロッコ料理店「アガディール」 へ行ってきました。

彼&彼女らだったら、マイナーなモロッコ料理でも興味を持ってくれるだろう・・・と。
いちばん年少者ながら、仕切らせていただきました(笑)。

モロッコ料理といえばクスクスが有名ですが、未知の類の料理。
食べに行った人の美味しかったという声を聞いていたので、期待は大きかった。
o(^ー^)o♪ 

まず、注文したものをご紹介。
モロッコ料理の説明は別ページにて。

■ティリンティット (レンズ豆のサラダ)
a0029534_1155965.jpg

■ハモス (ひよこ豆のサラダ)
a0029534_116187.jpg

さっぱりして美味しい。ターメリックが少々効いてます。

■チーズのシガール
a0029534_1172813.jpg

チーズ入り春巻き。

■羊肉のタジン パン付
a0029534_14504876.jpg

周りにあるのはじゃがいも、タマゴ。
モロッコ版肉じゃが=おふくろの味。マイルドで食べやすい。

■キフタ (ミートボールのタジン) パン付
a0029534_118740.jpg

卵焼きが乗っているのがユニーク。パンがソースと非常にマッチして「まいうー!」

■羊肉のクスクス 
a0029534_1183144.jpg

クスクスは何度も食べたことあるけれど、今までで一番美味しいかも!
ものすごく粒が細かい。

■ハモス (ひよこ豆とソーセージの煮込み) 
a0029534_14501145.jpg

最後はピリ辛でスパイシーなソースでした。


■モロッコ産ワイン
●ゲルーアン赤・白
●ボーヴァロン赤

酸味が少なく、非常に飲みやすいのが特徴。どんどん飲めちゃいます!
メクネス地方がモロッコ最大のワイン産地。

*モロッコワインについて ⇒世界のワイン通販もりもと


<モロッコ料理の特徴>
①豆・豆・豆
レンズ豆、ひよこ豆、そら豆・・・
サラダやスープ、クスクス、タジンまであらゆる料理に豆が使われているので
豆が苦手な人にはちょっとキツイかも?

②スパイスを多用
そのわりには最後の一皿以外マイルドで食べやすかった。

<感想>
意外にも食べやすい料理ばかりで正直驚いた。
香辛料を多用し、スパイシーでクセのある料理が多いのではというイメージがあった。
しかし、そのイメージを覆す、日本人の口にも馴染む味だった。

店内は「モロッコ!!」という雰囲気でもなく、落ち着いてシンプル。
外観も全く派手さがないので、看板も小さかったし、全く目立たない。
私は普通にお店の前を通り過ぎて、迷ってしまったほど(^^;
幹事なのに一番遅れて到着してしまったし(笑)

<神楽坂散策のススメ>
夜の神楽坂へ来たのは初めてだったけれど、歩いているだけで楽しかった♪
敷居の高そうな料理屋さんもあれば、路地に入ると隠れ家風なお店が存在していたり・・・
路地裏探索しがいのある街です。
江戸の情緒が感じられ、「粋」という言葉がぴったりくる。
ところが、こんなふうにモロッコ料理のお店があったり、界隈にはフランス料理店も多いし、
和と多国籍が混ざり合った、独特な景観がここ神楽坂には存在しているのでした。
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-12-09 23:55 | 世界各国のグルメ