眼のエステ

今話題の「ネトラバスティ」を体験してきました。

ネトラバスティとは? →ネタ元

瞼が重くなるほどの眼精疲労、クマ、充血・・・と重症でした。
こんな素晴らしいケア方法があるのを知ったときは、
お助けマンがやってきて、救われたような気持ちになりました(笑)。

雑誌等では「眼球のオイル漬け」「眼球がゆったりお風呂につかったかんじ」
などと紹介されている。
インドの伝承医学アユールヴェーダに基づくものです。
使われるオイル(ギー)は、不純物を除いて精製された無塩バター!
オイルがこぼれないように、眼の周りを強力粉で作ったパン生地の土手で囲むのですが・・・パンを焼く前の生地の匂いがぷ~んと漂います♪

頭や耳のマッサージもついて、3,150円。所要時間は約30分。
スッキリ☆
クマもちょっと取れたような気が・・・ d(^^)b

■サロン 庵・ふうが
表参道ウラの、地図があっても迷ってしまう迷路のようなところ。
まさに隠れ家です。
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-11-21 17:42 | ホットな話題


<< 表参道の新名所 「GYRE」 ペルー料理の「荒井商店」 >>