『騙される脳 ~ブームはこうして発生する~』

納得!の1冊でした。
私たちの消費行動やブームは情報に操られているものだと常々感じる。

●一大ブームが起きる理由
キーワード=自慢→クチコミ
快楽→脳内物質ドーパミンの分泌

●クリスピー・クリーム・ドーナツに行列ができる理由
店の戦略 “1号店マジック”
人より早く手に入れることができた、1時間以上並んで手に入れた=達成感・満足感
→自慢、話のネタ →ブログやSNSへの書き込み →クチコミ
→行列を作らせ、話題になれば効果大!
行列が行列を呼ぶ。マスコミも取り上げないわけがない。

●ベストセラーとクチコミの関係
ベストセラーの3要素
「予想外のことが起きる」「新しいこと」「予想していたことが実現される」

予想外のことが起きたとき→ドーパミンが最も分泌される!
快感の記憶があるからこそ、もう一度その感覚を得たいと努力する。
いくら美味しいものでも飽きがきてしまうとドーパミンは出なくなる
→新しいモノ、行動へ

「読む」ということだけでなく、「読んだ内容を人に伝える快感」こそクチコミのパワー

●脳はブランドに騙されている
ルイ・ヴィトンは何がいいのか?

*都合よく騙されない方法*
独自に自分の価値観を持つこと!
他者に左右されず、自分の興味あることに正直に。自分の本当の楽しみを追求する。

■『騙される脳 ~ブームはこうして発生する~
米山公啓 扶桑社新書 (07年8月出版)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-10-15 23:21 | BOOKS


<< 世界遺産とは 講演を聴く 「国際化時代の食文化」 >>