『さくらん』

a0029534_17322953.jpg
世界的フォトグラファーの蜷川実花が、カリスマ漫画家・安野モヨコの同名コミックを映画化。
華やかな江戸時代の吉原遊郭を舞台に、8歳で吉原に足を踏み入れ、やがて伝説の花魁(おいらん)となった女性の生き様を描く。

ギンレイホールにて鑑賞
公式サイト




赤をメインにVIVIDな色づかい、映像美が印象的でした。
主演・土屋アンナのための映画?(いい意味で)

エンドロールで小泉今日子の名前があったけれど、どこに出ていたんだろ!?
安藤政信出演作を見るのは久しぶり。
むか~しドラマに出たこともあったけれど…(好きだったなぁ☆)
今では映画オンリーです。(まぁ今でもキライじゃないけど)

時代背景や舞台設定など、まったく前情報ナシに鑑賞したので、
ちょっと分かりにくい部分があった。
なるほど~ コレを見ると参考になります。
→→さくらん用語

ちょっと日本版マリーアントワネット的な、重なるシーンも有りました。
たまにはこういうアートな映画もいいですね。
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-08-19 17:39 | 映画


<< 猛暑休暇 ジプシー音楽のススメ >>