ロシア&グルジア料理 in 吉祥寺

グルジアってどこじゃ?どんな料理??
a0029534_21541330.jpg

mixiコミュのオフ会にて、渡航してきました。
今年3月、吉祥寺に突如現れた「カフェ・ロシア」。 
リーズナブルに、気軽にロシア&グルジア料理が味わえるお店です。
グルジア料理というのは東京初!!!
今回は予算3000円でおまかせコース。
さっそくレポートいたしますっ♪

a0029534_21113859.jpga0029534_21131375.jpg







<前菜盛り合わせ> 価格はアラカルトの場合。
●毛皮のコートを着たニシン 600円
    ビーツ×ポテト×ニシンのミルフィーユ。見た目・・・こういうお寿司あるよね!

●白身魚のトマトソース煮 500円

●アジャプサンダリ 600円
    グルジア版ラタトゥイユ。ちょいとピリ辛。 

●ルリャーディ 500円
     薄焼き卵と野菜を巻いたチキン。

●キャベツのグルジア漬け 400円
     ビーツと一緒に漬け込んで赤く染めたグルジアのピクルス。


a0029534_21444329.jpg
■ハチャプリ 1000円
     グルジアのピザ。生地はパイっぽい。
     中からチーズが伸びる伸びる!



a0029534_2120437.jpga0029534_21203028.jpg






■ボルシチ 700円
     真っ赤なスープだけど、味はあっさり!

■ビフ・ストロガノフ 1000円
     マイルド。クリームシチューのような味。

■タバカ 
     特製ソースでマリネしてオーブンで焼いたひな鳥。グルジアの代表料理らしい。
     皮はパリパリ、お肉も美味しい~っ☆



a0029534_21254548.jpg■スペシャルケーキ
   サプライズで
   “HAPPY WEDDING!”
      
   もったりしたスポンジケーキに紅茶のクリーム。
   甘かったけれど別バラで。ぺろりと完食(^^ゞ 

■ロシアンティー 
     バラのジャムを入れて
a0029534_21262490.jpg
ビーツ色の店内。
ロシア系料理の特徴といえば、ビーツ(赤かぶ)です☆

グルジア基本情報 by メイトー
北はロシア連邦、南はトルコ・アルメニア・アゼルバイジャンに囲まれている。

グルジア料理 by 日本グルジア文化協会

「カフェ・ロシア」について by All About 紹介記事

おまけ。
【その1】ピロシキは本来揚げないで“焼く”のが本場流なんだって。
【その2】時々ロシア大使館に出かけていたので(仕事)、ロシアの存在がより身近に☆
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-07-28 23:22 | 世界各国のグルメ


<< ドイツ映画のススメ 『善き人の... 「感性」のマーケティング >>