『リトル・ミス・サンシャイン』@ギンレイホール

a0029534_16301494.jpg
飯田橋ギンレイホールにて。
ここではミニシアター作品を中心に、少し前に公開されていた映画が遅れて上映されています。
2本立てで映画は2週間ごとに替わっていく。

ギンレイホールがどんな映画館なのか。
それを知ることになったのは・・・
たまたま週末、映画館の前に並ぶ人々の列を見たのがキッカケ。

ちょうど今週金曜日まで上映されているのが
「リトル・ミス・サンシャイン」「プラダを着た悪魔」
「プラダ・・・」は鑑賞済み。「リトル・・・」は見たいと思っていて逃してしまった映画。
2007年度アカデミー賞・脚本賞&助演男優賞(祖父役のアラン・アーキン)受賞作でもある。
もうこれは見るしかないっ!

■飯田橋ギンレイホール HP
■公式サイト 「リトル・ミス・サンシャイン



<ストーリー>
美少女コンテスト優勝を夢見るオリーヴに、決勝大会出場の知らせが届く。
彼女と両親、家族嫌いで無口の兄、自殺願望のある伯父、薬物中毒の祖父の6人家族は、
険悪なムードのままミニバスに乗りこみ、会場へと向かう。

サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、スタンディング・オベーションの絶賛を受けたロードムービー。美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描く。主人公の家族を演じるのは、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル、『イン・ハー・シューズ』のトニ・コレットら。機能不全に陥った一家族が、旅を通して再生していくハートウォーミングな展開が見どころ。


<感想>  満足度80%
最初はなんてハチャメチャな家族なんだ!と思った。
しかし、旅を通じて、少女のコンテストを通じて―
最後、家族はひとつになった。
見終わったあと、ほのぼの、心あたたまった。
やっぱり子役の女のコがキュートだったし、
ポンコツなイエローワゴンも家族に幸せを運んでくれたような気がしました☆


■参考ブログ さくらの映画スイッチ
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-05-16 15:55 | 映画


<< 結婚に向けて ~リング選び~ 都内を快走 ε=ε=ε=(ノ^... >>