外国人観光客が思わず撮ってしまった日本の風景ランキン

日本にやって来た外国人は、日本でどんな発見をして、どんな魅力を感じたのか?
とってもとっても興味あることです。
先日、「ランキンの楽園」という番組で、面白いランキングが出ていた。
外国人観光客100人を対象に、写真に撮られているものを調査。
それを見れば、彼らを引きつけたものが何だったのか見えてくるはず!

第1位 浅草・雷門 51人/100人

第2位 皇居 42人/100人

第3位 アサヒビールタワーのオブジェ 31人/100人

第4位 渋谷のスクランブル交差点 23人/100人

第5位 成田国際空港 21人/100人

第6位 自動販売機 20人/100人

第7位 富士山 18人/100人

第8位 日本語の看板 15人/100人

第9位 着物 12人/100人

第10位 築地市場のマグロ 11人/100人

外国人観光客100人のデジタルカメラを出来る限り見せてもらい集計(複数回答)
※意外にも東京タワーは入っていなかった。目立たないのか・・・?



ちなみに、関西編。
1位 金閣寺 61人  
2位 道頓堀の派手な看板 44人
3位 日本のトイレ 37人
4位 清水寺 35人
5位 自動販売機 32人
6位 奈良公園の鹿  29人
7位 姫路城 25人
8位 舞妓 24人
9位 新幹線 20人
10位 お好み焼き18人

※異国のトイレに興味持つ人、けっこう多いんですねー
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-02-27 23:58 | ホットな話題


<< 7年ぶりに再会 in 神楽坂 バックパッカーたちのTOKYO >>