『京と都』

京都大学と東京大学、
町家カフェとスターバックス、
綿矢りさと金原ひとみ、
俵屋とコンラッド、
電車と電鉄、
「おいでやす」と「いらっしゃいませ」、
八ツ橋とごまたまご、
「はる」と「らっしゃる」、
冷泉家とヒルズ族・・・  (見出し、一部紹介)

『負け犬の遠吠え』で「負け犬」という流行語をつくった酒井順子のエッセイ。
京都と東京 の文化比較。歴史比較。人間比較。
アプローチのしかたがユニーク。酒井順子さんらしい。
私も著者と同じく関東で生まれ育ち、京都が好きで憧れる者。
同じ目線(視線)で、共感しながら読ませていただいた。
とにかく・・・・・・おもしろい!!

『京と都』 酒井順子著 新潮社(2006/09出版)
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-29 13:35 |  *京都


<< 「オステリア ヴィンチェロ」 ... 日本一のチーズケーキを求めて >>