ポルトガルのお菓子編

「ヴィラモウラ」その3。食後のデザートです。
a0029534_1495485.jpg
■エッグタルト
ひと昔前(1999年ごろ)日本でブームになりました。
もともとポルトガルのお菓子で、ポルトガル領マカオに製法が伝わり、香港、台湾へ、
そして日本にも広まったようです。
アンドリューのエッグタルト


■ポルトガルプリン
味見させてもらったら、とってもおいしかったぁぁ~(^0^)
しっかりした濃厚なプリン。
つっこんでしまうと、どこがポルトガルなんじゃ~??
スペインもモロッコも似たようなプリンがありました、はい。

<ポルトガル菓子 関連サイト>
ポルトガルのお菓子と飲み物(かわいいイラスト) 
パォン・デ・ロー(スイーツ図鑑より)

<これ知っとこ!カステラの由来>
ポルトガルに「カステラ」と呼ばれるお菓子は実在しない。これに似たスポンジケーキは、ポルトガルではパン・デ・ロー、スペインではビスコチョと呼ばれている。日本でカステラと呼ばれるようになったのは、カステーリャ(スペイン)のお菓子だから?

日本とポルトガルの深~いつながりをあらためて実感。
日本人が直接接した初のヨーロッパ人、ヨーロッパ言語。そういうわけもあって、
ポルトガル語が元になった日本語はたんとあるんです。。。詳しくは「ヴィラモウラ」へGO!
※ポルトガル語 tanto(たんと)=とっても
[PR]
by cafe-lover79 | 2007-01-25 13:14 | 世界各国のグルメ


<< ポートワインに目覚める! 『みえない雲』 >>