となりのイスラム教徒

NHK ドキュメント72時間 12月5日放送
 
日本で生活するイスラム教徒の「ラマダン」に密着したドキュメンタリー。
9月から10月にかけて、イスラム教徒は「ラマダン」と呼ばれる断食の期間に入る。

●ラマダンは何のために?
欲望を抑えれば人類は平和になるという考え。

●埼玉県戸田市のイスラム教徒
戸田市にはパキスタン人を中心に約3000人ものイスラム教徒が住んでいる。
彼らは80年頃~中古車販売ビジネスを創立。
現在は世界中へ輸出するほど、大きなビジネスになっている。

●ラマダン明けの裏事情
新月が見えなければ、ラマダンは終わらない。
彼らは東京タワーに上って確認。
日本国内から見えないときは、日本から一番近いイスラム教国マレーシア(大使館)からの知らせを頼りにする。
ここまで正確だとはビックリ!

●ラマダンが明けると
祝日となり、お正月のようにご馳走を食べて過ごす。

●イスラム教徒の日本人妻
改宗とは?どんな暮らし?何が変わる?

私たちの知らないイスラム教徒の日常を垣間見ることができた。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-12-12 14:48 | 海外の旅&文化


<< 代々木のおうちカフェ 「DAD... 『洗面器でヤギごはん』 石田ゆうすけ >>