モロッコの旅 4日目

a0029534_18141126.jpg

■フェズ⇒アトラス山脈を越え、サハラ砂漠への入口エルフードへ

フェズを発ってまもなく、道の両脇にはオリーブ畑。
ちょうど今が収穫シーズンなんだとか。
だんだん、見渡す限り果てしなく土色の大地が広がってくる。
馬、ロバ、牛、羊、ヤギ・・・放牧風景もいたるところで見られた。

途中、モロッコのスイスと呼ばれる「イフラン」という町に寄る。
ヨーロッパ風の建物が建ち、本当にスイスみたいなモロッコの避暑地。
標高が高いので、肌寒い。
木々の葉が黄色やオレンジ色に染まって、きれいな紅葉を見ることができた。
まさか、モロッコでこんな場所があるとは!





この日フェズからエルフードへは460km(およそ7時間)という長い道のりだった。
車窓からの景色もさまざまに変化してゆき・・・

オアシスやカナート(地下水路)のある風景を目の当たりにする。
これか・・・。社会科の教科書で出てきたやつ。
モロッコは社会化見学にぴったりだと思った。(笑)
実地学習だったら卓上の勉強より10倍頭に入りそう。

昼食は、ジャガイモ(?)のスープ、マスのグリル、アップルタルト。
この辺りではリンゴが生産されている。
1920年頃、フランス人によって持ち込まれたものらしい。

夜、エルフードのホテル着。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-11-06 12:46 |  *モロッコ 2006


<< オン ザ ロード モロッコの旅 3日目 >>