音楽と映像から伝わってくるもの

ルコントは運命の一曲と出会い、その記憶を心の奥底に秘めたまま、ある地を訪れた―

パトリス・ルコントの『DOGORA』
a0029534_91135100.jpg

フランスの音楽家エティエンヌ・ペルションが生み出した曲≪DOGORA≫と生命感に溢れるカンボジア。『DOGORA』は、映画監督パトリス・ルコントがこの2つの衝動に駆られて作った映画。

「ずっと以前から、役者がいない、シナリオもない、言葉さえもない、ただ純粋に心に揺さぶる映画を作りたいと思っていました。」
彼は語っている。

大人の眼。 子どもの眼。
人々の眼差しが印象的。
彼らは何を見つめているんだろう。
彼らは何を考えているんだろう。

映像と音楽。
色彩。光と水。。。

カンボジアで懸命に生きる人々の生きざまに心打たれた。
非常に貴重な作品であると思う。

恵比寿ガーデンプレイス内写真美術館にて上映中。
芸術鑑賞で有意義な休日♪
写真美術館HP
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-09-02 11:17 | 映画


<< 東京タワーが見える店 ~六本木... 旅とカフェ >>