「スープで、いきます」

a0029534_21381962.jpg

「スープで腹一杯になるのか」 「夏はどうなんだ」 「価格が高すぎる」 
猛烈な反対にあいながらスープ専門店を立ち上げ、
三菱商事初の“社内ベンチャー制度”で会社を作り、
サラリーマンのまま社長になった―。
一社員のひらめきから始まったスープ・プロジェクト。(紹介文より)


著者は「Soup Stock Tokyo」を運営する(株)スマイルズ代表取締役会長・遠山正道氏。

理想の会社だ。
これぞ経営マネージメントのバイブル?

慶応OB、アーティスト・・・
遠山氏はセンスある人に思えた。
お店作りにもそれが反映されているし、
なんだかやることがカッコイイんですよね。

テンポよく読みやすかった。
ビジネス書というカタイ読みものではなく、
今や30数店舗ある「スープストック」ができるまでの、苦労と感動のストーリー。
「Soup Stock Tokyo」がどんなお店であるのか、これを機に知ることが出来た。

以前のブログで書いたように、時々ランチで利用させてもらっている。
スープ大好き!な私は感謝したい。
「女性一人でも入れる、からだにいい無添加スープのお店」を作ってくれたことを。
Soup Stock ファンの人は、もっとここのスープ、お店が好きになるかもしれない。
まだ味わったことのない人も、本を読んで一度お店に足を運んでみてほしい。
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-08-07 20:36 | BOOKS


<< After a typhoon 穴場な花火スポット! >>