初体験☆パスタ教室 

~マレンマ風ほうれん草のトルッテリ~
    トスカーナ州マレンマ地方に伝わる詰め物パスタ

「トルッテリ」とは?
a0029534_1326674.jpg

イタリアには詰め物をしたパスタが数多く存在している。
それらはラヴィオリ、トルテッリーニ、カッペッレッティ、アノリーニ・・・などと呼ばれ、
その形によって、あるいは同じ形であっても土地によって、呼び方が異なる。

とりわけエミリア・ロマーニャ地方において、
トルテッリと呼ばれる詰め物入りパスタを使った料理が多いようです。

パスタ120種類を紹介!! 
見てると楽しくなります♪ ⇒ ヴィエトリ社のサイトへ

■マレンマ地方はこんなところ
a0029534_12593968.jpg

■パスタ教室の感想
手打ちパスタ作りは初体験でしたが、めちゃ楽しい!!
これなら私でもできそうカナ?!
教室のホームページを見たときから、
ほんわか可愛らしい雰囲気に惚れたのですが (#^-^ゞ
実際、キュートな先生とアットホームな雰囲気で、
しかもマンツーマンで教えて思えて。。。
理想としていたお教室でした。
ウチから片道1時間半かかる場所なのだけれど、、、
それでも、また行ってみたいかも♪
月ごとに様々なパスタが習えるのも魅力です。
今年はパスタ作りにハマってみようかな(笑)。





【パスタの材料】  4人分
(A)小麦粉
(B)全卵 2コ、 塩ひとつまみ、 オリーブオイル2滴程度 

【詰め物の材料】
ほうれん草 1束、 リコッタ70g、 塩小さじ1/3、 胡椒5ふり、 ナツメグ少々
a0029534_13264714.jpg

①ボールに(A)小麦粉を入れ、中央に(B)を入れる。
  内から外へ混ぜていき、生地をまとめていく。

②生地をひとまとめにし、こねていく。 目安12分間(詰め物パスタの場合)
  手の甲を使って内側もしっかりこねる。

③断面がなめらかになるまでこねたら、4分割にカット。ラップをかけておくこと。

④そのうちのひとつを麺棒で平に伸ばす。
  マシンにかけられる程度に。振り粉を忘れずに。

⑤パスタマシンでうすくうすく伸ばしていく。
  <1>×4回  伸ばしたものを三つ折りにたたみ、伸ばすこと4回くりかえす。
  <3>×1回
  <5>×1回  この後、長細くなった生地を2等分にカット。
  <6>×2回

⑥成型  2通り
【Ⅰ】ギザギザカッターやナイフでカットする方法
  詰め物を生地の中央に、等間隔に乗せる。
  1枚の生地を半分に折る。縁をカッターで切る。
  詰め物の周りを指で軽く押し、空気抜きをする。

【Ⅱ】型抜きを使う方法
  1枚の生地に詰め物を乗せる。
  その上に、もう1枚別の生地を重ねる。
  詰め物の部分にあわせて、型で抜いていく。(注)力を入れて型を押さないと抜けない。

⑦茹でる。 使わない時はトレイに並べて(重ねないように)冷凍庫へ。
  茹でる際、乾麺より少々塩を多めに入れる。
  3~4分程度。触ってみて、大丈夫であればお湯からあげる。

⑧水気を切って、お皿に移す。
  前もって、お皿にバターをのせておく。
  茹で上がったパスタとバターをからめる。
  その上からパルミジャーノレッジャーノのすりおろしをかけて、できあがり!

■コトコトパスタ教室
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-18 23:43 | イタリア料理


<< 『ブックカフェものがたり』 目白「エーグル・ドゥ-ス」 >>