2005 心に残った映画ベスト5

2005年公開された印象に残った映画は10数本。
決して多くはありませんが、、、
その中から独断で決めたさらなる“ベスト5”を発表いたします!

★★最高の映画だったで賞★★

1位 『私の頭の中の消しゴム』(韓国)

2位 『DEARフランキー』(英)

3位 『オオカミの誘惑』(韓国)

4位 『彼女を信じないでください』(韓国)

5位 『コーラス』(仏)

泣ける映画が好きなようです。
特に韓国映画は素晴らしい作品にたくさん出会えました。
韓国ブームに乗っているわけではなく、素直にイイ!
だから、韓国映画を見たことない人、騙されたと思って一度は見てほしい。

笑いあり。
涙あり。
胸を締めつける切なさ。。。

というのが韓国ラブストーリーの必須アイテムですが、
邦画やハリウッド映画にはない独特さがあります。
俳優や女優たちの存在感(オーラ)もめちゃめちゃ出ています。
恋愛モノはお決まりパターンが分かってきて、
マンネリ気味になってきたような感じもするけれど、、、
2006年も次なる最高傑作は現れるのでしょうか?!楽しみであります♪


☆☆オリジナリティーがあったで賞☆☆

『タッチ・オブ・スパイス』(ギリシャ)
大好きな思い出のトルコが舞台になっており感慨深かった。


【おわりに】
私はハリウッドの大きな映画より、ミニシアターで公開されている希少な映画の方が好きだったりする。もちろんハリウッド作品のCG技術や迫力にはかなわないし、素晴らしい作品も多々生み出されているけれど。
今後も私的には、知られざる素晴らしい映画を紹介できればと思います♪

乞うご期待!! (^0^)/ 
[PR]
by cafe-lover79 | 2006-01-07 09:57 | 映画


<< おいしいパンを作り、売る人たち 『ジプシー』のルーツ >>