浅草の隠れ家フレンチ オマージュ

浅草へ参上。浅草寺付近、仲見世通りはものすごい人でごった返していた。
東京に住んでいる人にとって、浅草はあまり縁のない所ではないかと思う。

そう。わざわざ、やって来たのです。
タカエちゃんとの月一ランチ会。
料理評論家、山本益博氏も太鼓判を押すウワサのビストロでランチをいただくために。

東武線or地下鉄銀座線から歩いて15分ほど。それほど遠く感じなかったけれど。
浅草寺を過ぎて、静かな住宅街にそのお店はあった。
知っている人しか来ることの出来ない場所。こういう所にあるこじんまりしたレストランが好き。
お客が全く入っていないと心配してしまうが、半分以上席は埋まっていた。

【ランチコースB 2,100円】
<前菜> 4種よりチョイス
■築地から仕入れた本日の鮮魚料理
たっぷり盛られたグリーンサラダ(葉)の下にカリッと表面が焼かれた白身魚(スズキ)3切れ。
前菜としてはボリュームあり。底の方にはジェノバソース&松の実も入っていた。

■蛤とブランマンジェ レタスのソース
タカエちゃんが注文。タカエちゃんはビミョーだったみたい。
何も言われなければ、レタスのソースというよりモロヘイヤスープっぽい?
そして、ほんのり甘いブランマンジェが入っていて、確かにフシギな味。
でも、私は冷たくてキライじゃなかったかな。

a0029534_311523.jpga0029534_3121272.jpg







<スープ>
■ビシソワーズ
大好きだけれど、ここのは濃厚。とろりとしています。
さっきの前菜(レタスのソース)もスープだった。スープ続きはどうかなと思うけど(^^;

<メイン> 4種(魚料理1種と肉料理3種)よりチョイス
■豚バラ肉の煮込み&バターライス
タカエちゃんが魚をチョイスしたので、別の料理の方が面白いと思ってコチラを注文。
丸ごとのバラ肉がふたつ。けっこうボリュームあります。
表面はトロトロ。濃い目のソースと一緒に。

■金目鯛&いろんなお豆を煮込んだソース
緑のものが入っていなかったので、彩りがちょっとさみしい気が。
ソースはスパイス?がきいていて、白身魚と組み合わされているのが、ちょっと意外な感じだった。ビストロの料理としてはよくあるのかな?

<パン>
自家製っぽい。ミニでかわいらしいのが二つ。
中は茶色がかって、ほんのり甘みがきいている。なかなかおいしい。

a0029534_3133516.jpga0029534_3155056.jpg







<デザート> 2種よりチョイス
■バラのクリームブリュレ&ラズベリーのジェラート
バラの風味がほのかに漂う。濃厚。

■ブランマンジェ パイナップルのオレンジ(?)ソース添え
最初、何のフルーツだろう?と思ったら、パイナップルだった。
確かに食感はパイナップルなのだけれど、味はそれっぽくない。
オレンジジュースか何かシロップに漬けられており、別物になっている。

a0029534_3164911.jpga0029534_317154.jpg








<プチデザート> 
■ピスタチオのマドレーヌ
エスプレッソと一緒に。ちっちゃくて形がかわいらしい。

<ドリンク> 
■エスプレッソ
デミタスカップがかわいい。

【感想】
料理・・・全体的に味はそこそこ◎。特別美味しかった!というものはなかったけれど、
オリジナリティーのある料理に出会えた。

雰囲気・・・良い。落ち着いて食事が出来る。清潔感がある。洗面所も小ぎれいで気持ちよい。

サービス・・・普通に良かった。ただ、料理やデザートの説明が聞き取りにくかった。。。
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-08-28 19:17 | フランス料理


<< ユニークなパンに出会いました。 シェフから学ぶスペイン料理と食材 >>