手紙が書きたくなる、欲しくなる本

これらの本に出会って新鮮な感じを覚えた。
手紙…最近は書く機会が少なくなってきている。
筆マメではない性格というのもあるけれど、メールが普及してしまったし、ちょっと寂しい現実。
けれど、手紙って素晴らしいもの。
私の中学・高校時代、もちろんメールなんてない時代、文通がブーム(?)だった。
雑誌を通じて、ペンフレンドを見つけた。
滞ってしまうこともあったけれど、それが10年以上も続いて、今に至っている友達が3人。
3人が住んでいるのは、静岡、兵庫、福岡。離れているけれど、既にご対面が実現している。
手紙は、長い月日を経て強い絆をつくってくれたもの。

a0029534_1005451.jpg『手紙手帖-あの人はどんな手紙をくれるのかしら-』 
木村衣有子 祥伝社 (2005/06)


気の利いた手紙を書くために、手紙の基本から便箋・封筒選び…
著者の手紙に対するこだわりが詰まった本。

■第二章「手紙の必需品」
銀座にある手紙用品店が紹介されている。その中で欲しいと思ったもの。

●月光荘画材店」
トレードマークのホルンがポイント、パステルカラーで全6色そろったかわいらしい便箋。
●鳩居堂
春夏秋冬、花の絵柄のシルク葉書。

■第三章「手紙と人」
友人に宛てたorもらった手紙の文面がそのまま載せられているのがいい。

木村さんの本の中でも登場している木下綾乃さんの本。
a0029534_1011727.jpg
『手紙を書きたくなったら』
木下綾乃 WAVE出版 (2005/06)

木村さんと比べると、イラストレーターらしく女のコ好みのかわいらしい感じになっている。

■ブルーナさんの手紙(ミッフィーちゃん生みの親)

■手作り封筒

■はんこコレクション

■ポーランドの青年と海外文通

■東京文具ツアー
scos(本郷)海外文具のお買い物、シモジマ(浅草橋)
日本製文具をまとめ買い・・・

■切手コレクション
お見事!レトロなもの、日本切手、外国切手…
種類別にディスプレイされている。
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-08-10 15:35 | CAFE


<< ピッツェリア マレンマ(銀座) 南イタリアの食卓 >>