ヌーベルシノワ 脇屋友詞シェフのお食事会

セレスティンホテル(港区芝)にて、料理雑誌「エル・ア・ターブル」主催のイベント
『アルカリイオンの水を使った脇屋シェフの料理教室&お食事会』に参加した。

会場のレストラン「グラン・クロス」は天井7mの開放的な造り。
こちらのホテルは非常にきれいで、まだオープンしたてのような感じだったが、
来月で3周年を迎えるらしい。

今回のイベントは1,000を超える応募者の中から見事当選した25組50人が招待された。
これって、かなりラッキー!!
しかも、あの脇屋シェフの料理を食べられるなんて嬉しい限り(*^^*)

脇屋友詞シェフは「トゥーランドット游仙境」の総料理長として活躍。
ヌーベルシノワと呼ばれる、上海料理をベースに斬新で美しい創作中華を作り出している。
最近ではCM出演でもお馴染み。

シェフのデモンストレーション後、コース料理を賞味。

<メニュー>
■赤ワイン

■旬の野菜を使ったオードブル
見た目はとってもキレイ☆ 上品にちょっとずつ盛り付けられているので、じっくり味わった。

■京都酸辣湯
海老、ホタテ、カニ肉、ふわっと卵…具沢山のスープ。
酢の酸味が強いけど、体にも効き目ありそう。

■喜々東坡肉(トンポーロー)
いわゆる豚の角煮。とろっとろ。
材料はものすごくシンプルなのに、ものすごーく煮込み時間がかかるお料理。

a0029534_12263957.jpga0029534_122746100.jpga0029534_12275966.jpg





■梅香五穀米
五穀米のヘルシー粥。紹興酒に漬け込んで細かく刻んだカリカリ梅をトッピング。

■三茶の香りデザート
てっきり緑のお茶をイメージしていたが、ここは中華。
茶色のお茶が使用されているト。お茶の種類は不明だが・・・紅茶のような香りがする。
ゼリー、アイス、さくさくの薄いパイ(?)の三重奏。

a0029534_12301316.jpga0029534_12302979.jpga0029534_2274793.jpg





■凍頂烏龍茶
烏龍茶らしいが、グラスの中に茶葉が広がって漂っている。

<お土産>
「アルカリイオンの水」 500ml 2本
「エル・ア・ターブル特製キッチンタイマー」など
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-06-26 23:09 | ホットな話題


<< 河口湖ラベンダーとオルゴールの森 食にまつわるリアルな表現の数々 >>