上海で食べ歩き三昧

a0029534_14323154.jpg
「上海口福案内」 長塚奈央 六耀社 (2004年12月) 

上海の屋台グルメからゴージャスなレストラン、カフェ、チェーン店に至るまで紹介。まるまる1ページを使った写真に、もう1ページに簡潔なコメントが。テンポがいい感じ♪
道端で、すぐに、気軽に食べられるのが屋台の魅力。とくに出来立てアツアツ、パリパリ系には目がない。この本片手に食べ歩きの旅に出かけたい!

<本の中で魅了された屋台メニュー>  
●海棠糕 (ハイタンカオ)  2元
こってり餡+香ばしいナッツ+パリパリキャラメルのトリプルスイーツ。

●生煎(シェンジェン) 2元
焼き小籠包。ジューシー&パリパリの絶妙な組合わせ!

●葱油餅 1元
見た目はピザのような形。お店によってバリエーションが違うという。
焼き目めがパリパリ香ばしくてそそられる。
生地にみじん切りの葱が挟まれている。

●餡餅(シェンピン) 1元(13円)
香ばしいゴマの香り漂う、ナンをこんがり焼いたような薄焼きパン。
これもまた甘いのと葱入り塩味があるそう。

<上海の食事情>
●朝ごはんの定番メニューは油条+豆乳。不思議なメニューだ。
●上海版「吉野家」 牛丼の値段は日本の約半額。サイドメニューにサラダやデザートも。
[PR]
by cafe-lover79 | 2005-02-23 14:32 | 世界各国のグルメ


<< ネット限定 エコール・クリオロ... 幸せ気分に浸れる♪2005年話... >>