クリスティーヌ・フェルベール ~アルザスからのジャム~

フランス・アルザス地方の村で女性のフェルベールさんが作る高級ジャム。
a0029534_17483442.jpg菓子評論家たちの間で話題になっており一度は試してみたいと思っていた。

まずジャムの種類の多さには驚く!およそ200種類を試作し、毎年50種類ほどを商品にするという。実際どれがいいのか全く分からない。とりあえず、新宿伊勢丹にて広告の品となっていた 「アプリコット・バニラ」(1575円)を購入。

ふたを開けた瞬間バニラの香りが広がる。まるまるとしたアプリコットの実が入ってとろりとしたジャム。“ジャムの妖精”と称えられているように、幸せな気分を運んでくれた。
[PR]
by cafe-lover79 | 2004-11-04 15:58 | スイーツ


<< 「笹屋伊織」の大福 ~京都展にて~ スリランカ フェスティバル >>